一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(21)

alt
大流行したペストはイベリア半島に到達し、ユダヤ人コミュニティーに大打撃を与えた(写真はイメージ)

1347年に欧州に上陸したペストは、中欧と東欧を席巻し、ほどなく南欧イベリア半島に到達する。そして欧州各地で繰り広げられた惨劇が、この地でもまた繰り返される。ユダヤ教徒達は、基本的に隔離されたゲットーで生活し、かつ衛生面や食事面でユダヤ教の厳しい戒律(コーシャ)を守っていた。

ペスト襲来、そして決定的分断

そのため、ペストの流行がキリスト教社会より遅れた可能性があるとされる。これを見てキリスト教社会の大衆扇動家が叫ぶ。「サタンの手下、ユダヤ教徒が井戸に毒を撒いた。これはユダヤの陰謀である」。(出所:反ユダヤ主義の歴史 レオン・ポリアコフ)

こうしたフェイクニュースの拡散主体は、基本的に大衆だった。時のローマ教皇クレメンス6世、そして多くの宮廷ユダヤ人を抱えていた各地の王族たちの反応は違った。彼らは結局のところユダヤ教徒も多くがペストで死んでいくにも関わらず、馬鹿げたフェイクニュースがとめどなく拡散されることを強く懸念した。

そして、これを抑えるべく多くを試みた。しかし、それらはすべて徒労に終わった。(出所:ユダヤ人の歴史 レイモンド P シェンドリン)流言飛語やフェイクニュースは、時の権力から発せられると思いがちだ。しかし、多くの場合、フェイクニュースは大衆の中から発生し、大衆自身が拡散させる。これは今日のコロナ下における様々なフェイクニュースの構造とも奇妙なほど酷似している。

改宗か、死か

ペストの襲来、そしてそれに伴うフェイクニュースの拡散は、肉体と精神の両面において、ユダヤ教徒社会に文字通りの「死」をもたらす。一つはキリスト教徒によるユダヤ教徒の大量虐殺。そしてもう一つはユダヤ教徒をキリスト教徒に強制改宗させる「コンバート」だ。

ペスト禍でユダヤ教徒はキリスト教への改宗を強制される(写真はイメージ)

ペスト襲来からおよそ40年後の1391年6月6日。セビーリャでドミニカ修道会の修道僧に扇動されたキリスト教大衆は、ユダヤ教共同体(アルハマ)を襲撃し、数千人のユダヤ教徒を虐殺。財産を略奪する。そして、キリスト教徒はユダヤ教徒に対し、この虐殺と略奪から免れるための条件を突きつける。

多くのユダヤ教徒が家族と自分を守るため、そして共同体を守るために、屈辱に震えながら十字架に接吻した。セビーリャで起きたこの惨劇は、同月中にアンダルシア地方へ、それからわずか数か月の間にスペイン全土に飛び火する。各地で虐殺と略奪をもたらし、生き残った者は強制改宗により精神を滅ぼされた。

アラゴン王国の賢君フアン1世は、こうした状況を深く嘆く。そして多くの書簡で訴えた。彼はこの強制改宗を「おぞましき罪」と断定した上で言った。「民法、教会法そのいずれに照らしても、1人の人間を強制的にキリスト教徒にすることなど許されない。ユダヤ教徒が心から納得し、進んで改宗するのでなければ、過ちは以前にも増して大きなものとなるだろう。」(出所:反ユダヤ主義の歴史 レオン・ポリアコフ)

賢君の洞察はやがて最悪の形で現実となり、スペイン史だけでなく後世の世界史にさらなる惨劇として刻まれることなる。

NEXT STORY

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(20)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(20)

2021/07/09

レコンキスタ(イスラム教徒に奪われたイベリア半島の最征服)が進展すると、キリスト教系王国によってユダヤ人は徴税業務を担わされ、特別目的会社(SPC)のようなビークルを活用した「徴税債権の証券化」スキームを開発した。現代の財政理論にも通じる。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5