Photo by PAKUTASO


年間770案件を手掛ける日本M&Aセンター

M&Aの仲介とFAの違いを、数値をもとに比べてみます。

少ない人数で高額取引を決めているM&A仲介やFAは、従業員1人当たりでどれだけ稼いでいるのでしょうか。

業種企業名従業員数1人当たりの売上高1人当たりの営業利益
M&A仲介M&Aキャピタルパートナーズ143名5600万円2200万円
M&A仲介ストライク96名3800万円1400万円
M&A仲介日本M&Aセンター451名6300万円2700万円
FAGCA426名6200万円800万円
FAフロンティア・マネジメント
165名2800万円400万円

有価証券報告書をもとに筆者作成

仲介に比べ、FAは1人当たりの利益が小さくなっています。これは、仲介会社は多くの案件を少ない人数で回している一方、FAは大型案件を複数のチームで動かしているので、原価(人件費)が余分にかかっているのです。そこが仲介とFAの大きな違いとなります。

売上高284億6300万円の日本M&Aセンターと、266億9000万円のGCA<2174>で比較してみましょう。

企業名案件数1案件当たりの売上高1人当たりの案件数
日本M&Aセンター770件3600万円1.7件
GCA145件1億8400万円0.3件

※案件数は直近通期の成約件数。有価証券報告書をもとに筆者作成

日本M&Aセンターは年間770の案件を成立させています。従業員数は451人なので、1人が1.7件を見ている計算になります。一方、GCAは426人で145件です。3人で1つの案件を成立させていることになります。

FAは大規模案件を取り扱ってきた専門家の集まりです。高報酬の知識集団を総動員して、巨額のM&A案件を扱っている姿が浮かんできます。

M&A仲介もFAも間違いなく激務です。広範囲の知識量を求められるだけでなく、その深さも要求されるからです。経営と現場の両方を知り、さらに競合などの業界動向にも強くなければなりません。場合によっては外国語も必要となります。

調査や分析、書類の整理に膨大な時間がとられます。それを極めて限られた人数で行わなければなりません。

そして何より、職務に忠実で誠実な人物であることが求められます。仕事に忙殺されて、クライアント企業の信頼を失ったらすべてが水泡に帰します。M&Aはビジネスの総合格闘技と言われます。あらゆるスキルや知識、性質のすべてを投げ込んで行う仕事といえます。

結果として、それが高収入へと結びついているのです。

麦とホップ@ビールを飲む理由