M&A速報

M&Aキャピタルパートナーズ<6080>、レコフ及びレコフデータを子会社化

2016/10/24

M&Aの仲介・アドバイザリー業務を行うM&Aキャピタルパートナーズ(以下、MACP社)は、同じくM&Aの仲介アドバイザリー業務を行うレコフ(売上高14億円、営業利益7千万円、純資産5億円)とM&A専門誌「MARR」等の書籍雑誌の企画出版のレコフデータ(売上高1億円、営業利益18万円、純資産1億円)を子会社化することを決議した。

MACP社は、幅広いアドバイザリーサービスに強みを持つレコフと、M&Aデータで高い知名度を誇るレコフデータをグループ化することで、拡大・多様化するM&A市場において自社だけでは成し得なかった付加価値を提供すると共に事業領域を抜本的に拡大できると判断した。

取得価額は30億円。

譲渡実行予定日は平成28年10月27日。

M&Aデータベース

関連の記事

『M&Aで創業の志をつなぐ 日本の中小企業オーナーが読む本』 |編集部おすすめの1冊

『M&Aで創業の志をつなぐ 日本の中小企業オーナーが読む本』 |編集部おすすめの1冊

2020/01/20

著者はM&A仲介大手、M&Aキャピタルパートナーズ社長の中村悟さん。同社は現在、年間140組以上のM&A案件を仲介している。数多くの案件の中から、厳選した10社の事例を紹介した。M&Aを決断した過程は文字通り、十人十色だということが分かる。

【M&A仲介業の平均年収1800万円】高収入には「理由」がある

【M&A仲介業の平均年収1800万円】高収入には「理由」がある

2019/06/28

上場しているM&A仲介の平均年収は1800万円。60歳まで働くと6億8700万円にも上る計算です。上場企業の平均年収は606万円、日本の平均が432万円。M&A仲介の会社で、社員がこれほどの稼ぎを得ている理由を解説します。

M&A仲介3社の決算書分析-2018

M&A仲介3社の決算書分析-2018

2018/06/29

M&Aが活況を呈している近年、M&Aをサポートする側である仲介業界に属する企業もまた業績を伸ばしています。中小企業のM&Aに強い日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライクの3社における決算内容を概観してみたいと思います。

M&A仲介3社の決算書分析-日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク

M&A仲介3社の決算書分析-日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク

2017/07/26

M&A Onlineでは、M&A戦略を展開している企業やその対象企業の分析記事を公開しているが、今回はそのような企業をサポートしている日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライクの仲介3社の決算を分析してみたい。

M&A速報検索

クリア