M&Aアドバイザリー事業等を行うGCAサヴィアン(東京都、売上高131億円、純資産93億円)は、欧州の独立系M&AアドバイザリーファームであるAltium Corporate Finance Group Limited(英国、売上高73億円、純資産53億円、以下アルティウム社) を完全子会社化することによる同社との経営統合を目的として、アルティウム社の発行済株式の全部を取得することを決議し、IMPLEMENTATION AGREEMENT(以下「本統合契約」)を締結した。

本経営統合により、世界の上場独立系M&Aアドバイザリーファームとして第7位の売上規模となり、欧米の有力独立系M&Aファームとの競合が可能となるとしている。また、欧米のみならず、グローバルに事業を展開する日本企業においても、GCAサヴィアンが欧州拠点を持つことにより、より高付加価値なM&A案件の実行サポートを提供し、日米及び日欧のクロスボーダーM&Aをシームレスな形でフルサポートできる体制の構築が可能になるとしている。今後は、本経営統合による事業基盤の強化を足掛かりとして、日米欧の有能な人材の参加が可能となるようなグローバル企業を目指すとしている。

本経営統合は、GCAサヴィアンの完全子会社であるGA(東京都、2016年3月18日設立)が、英国法に基づくスキーム・オブ・アレンジメントを通じてアルティウム社の全株式を現物出資により取得した上で、GCAサヴィアンを株式交換完全親会社、GAを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことにより実行される予定。なお、GCAサヴィアンはアルティウム株主との間で、各アルティウム株主の保有するGCAサヴィアン株式の売却を原則として禁止するロックアップ合意書を締結する予定。

株式交換比率はGCAサヴィアン:アルティウム社=7:3。

取得価額は未定。

本現物出資および本株式交換の効力発生予定日は平成28年8月上旬。