M&A速報

山口フィナンシャルグループ<8418>、クレジットカード業の井筒屋ウィズカードを子会社化

2009/03/31

山口フィナンシャルグループは、伊勢丹アイカードが保有するクレジットカード業の井筒屋ウィズカード(北九州市。売上高12億4000万円)の全株式を取得することを決議した。

井筒屋ウィズカードは、百貨店の井筒屋のハウスカードである「ウィズカード」の運営を中心に事業展開しており、北九州エリアを中心に、流通業を基盤とした約30万人の会員を有している。地元企業である山口フィナンシャルグループは、井筒屋ウィズカードを取り込むことで、これまで培われてきた地域の顧客へのサービスをさらにきめ細かく、地域の特性に応じたものとすることが可能になるとともに、自社としてもクレジットカード事業の新たな展開が見込まれると判断、取得に至った。

取得価額は非公表。取得予定日は2009年4月下旬。

M&Aデータベース

関連の記事

高杉課長のコンサル手帖 地方銀行の新潮流|編集部おすすめの1冊

高杉課長のコンサル手帖 地方銀行の新潮流|編集部おすすめの1冊

2020/05/11

主人公の「高杉課長」はある地方銀行の中堅行員で、現在、子会社のコンサルティング会社に出向中。銀行の取引先が抱える様々な経営の課題解決のために日々奔走している。「高杉課長」が実際に経験した出来事の中から4話を厳選し、ドラマ風につづる。

【山口銀行】“健全な優等生”の新手の手法|ご当地銀行の合従連衡史

【山口銀行】“健全な優等生”の新手の手法|ご当地銀行の合従連衡史

2019/11/22

自己資本比率は16%を超え、銀行ランキング調査でも健全性の高さが際立つ山口銀行。その源流は1878年に創立した第百十国立銀行である。創立当初の本店所在地は山口市。だが、2年後には下関に本拠を移し、百十銀行、山口銀行として成長していく。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5