まだ誰も見ぬ“ブルーオーシャン”。未開拓の市場を見つけ、切り開いていった先人たちがどのようにしてビジネスチャンスをつかみ、事業を立ち上げていったのか。経験に基づいた話から新規事業のヒントを探っていく。
今回、話を伺ったのは、ネコ専用アパートの経営およびコンサルタントを行う木津イチロウ氏。ペット可物件はもはや当たり前のようにあるとはいえ、ネコに関していえばそこには需要と供給のミスマッチがあったのだという。

きっかけはネコが飼える部屋探しだった

今から10年ほど前、IT系の企業に勤めていた木津氏は、杉並区内の賃貸のテラスハウスで後に妻となる女性と共に暮らしていた。
テラスハウスには各部屋専用の庭があり、そこに目が開かない子猫を連れた親猫がやってきたのが始まりだという。ペット不可物件ではあったが、子猫を病院に連れていき、手術を受けさせ、親猫共々保護することに。ところが、この親猫が妊娠をしており、3匹を新たに出産。1年ほどそのままペット不可の物件で暮らしていたが、さすがに計5匹のネコをかくまうのは難しいと、ペット可物件を探し始めた。

「今でこそペット可物件は増えていますが、当時はペット可の賃貸物件でこちらの希望に沿うようなものはほとんどありませんでしたね」(木津氏)

ペット可物件にありがちなパターン

ペット可物件を探すにあたり、当時のペット可物件は以下の3パターンだったと木津氏は振り返る。

【1】ワンルームで20㎡程度の狭い部屋
【2】1階が大家宅の一軒家の2階。築古だが強気の家賃設定+最寄り駅から遠いなど難あり物件
【3】ペット共生物件と謳っていても、イヌのみにターゲットを絞っている

こうして様々なペット可物件を見ているうちに、木津氏はあることに気づいたそうだ。

「ペット可物件というのは、ほぼ100%イヌのことを指していたんです。ネコ専用はないのかと探しましたが、なかったですね。『じゃあ、自分でつくっちゃえ』ということで、マイホームを建てることにしました」(木津氏)

全ては“偶然”の産物

ネコは好きではあったものの、そもそも飼うつもりもなく、マイホームも建てるつもりもなかったという木津氏。2匹のネコとの偶然の出会いが、その後の人生を一変させた。

「単にマイホームを建てても何も生み出さないので、賃貸併用にしようと考えました。何となく自分の肌感覚で、僕らみたいなネコを飼いたくても飼える物件がなくて困っている人がいるはずだと感じ、そういう人たちが救えるネコ専用アパートをつくろうと思ったんです」(木津氏)

愛玩動物飼養管理士2級の資格も取得し、ネコを飼っている人たちについてリサーチを始めた。当時、多くの人がやっていたSNS「ミクシィ」のネコ好きのコミュニティでアンケートをとったり、ネコの殺処分ゼロを目指すボランティア活動に取り組む人たちに話を聞いたりしたという。