恵まれない子どもたちに、サンタがプレゼントを届ける

このイベントには誰でも参加でき、「#トイザらスサンタチャレンジ」のハッシュタグをつけた写真をSNSのTwitter(ツイッター)に投稿するだけ。日本トイザらスが投稿数に応じた寄付をして、児童養護施設などで暮らす恵まれない子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るなどの支援をする。

グリーンランド国際サンタクロース協会日本支部のサンタが施設を回ってプレゼントを届けるほか、販促イベントにも参加する。調印式に出席した同協会公認サンタクロースのパラダイス山元氏は、「北は北海道から南は沖縄までの30施設600人以上の子どもたちに、クリスマスプレゼントを届けたい」と張り切っている。

調印後に握手する公認サンタクロースのパラダイス山元氏とハーベル社長(右)

ハーベル社長は「店頭販売、eコマース(インターネット通販)ともに業績は好調で、これからも日本トイザらスの成長は続く」と自信をみせている。今年のクリスマス商戦でも、日本トイザらスが存在感を示しそうだ。

文:M&A Online編集部