ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【企業力分析】君の名は。・・・東宝

alt

まとめ

財務分析は、改善の糸口を捉えるキッカケとなるものです。財務分析指標の推移を見ながら推論し、その推論を裏付ける数値を拾っていく。その繰り返しの中で、自社の経営状況を理解し、何をすべきかを獲得します。 貴方なら、次、どの指標を調べ、ドリルダウンしますか?

文:株式会社SPLENDID21 代表取締役社長 山本純子

関連リンク
【企業力分析】任天堂 営業効率・生産効率が急落の10年
【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

山本 純子

岐阜県出身、奈良女子大学卒業。経営分析専門会社を経営。企業に対し、多変量解析を使った経営分析を研修、分析報告サービスも行っている。関西学院大学大学院経営戦略研究科で財務分析講座の教壇に立ち、後進の育成に努める。
会社概要はこちらから https://www.sp-2.com

トップコンサルタントの計数力

NEXT STORY

【企業力分析】ヤマダ電機 4年の喪失

【企業力分析】ヤマダ電機 4年の喪失

2016/09/29

今回は、家電大手のヤマダ電機を取り上げた。実店舗で商品を確認してからネット通販で購入される方も多いと聞く。売上高1兆6000億円を超える巨大企業ヤマダ電機はこの危機を乗り切っているのだろうか。