東宝は、子会社である東宝不動産をTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化することを決めた。東宝不動産はTOBに賛同の意見を表明している。同社は上場廃止になる可能性がある。

不動産市場の低迷が続く中、東宝は不動産事業戦略を一本化し効率的な運営体制を確立することが必要であると判断した。

TOBの買付価格は1株につき735 円で、公表前営業日の対象株式の終値557円に対して約31.96%のプレミアムを加えた。

買付予定数は2269万659株で、上限、下限は設定していない。買付総額は166億円。

公開買付期間は、2013年1月9日から2月21日までを予定している。