M&A速報

沖電気工業<6703>、半導体事業を会社分割によりローム<6963>に譲渡

2008/05/28

沖電気工業は、半導体事業をロームに譲渡することを決議した。同事業を会社分割により新設会社OKIセミコンダクタ(仮称)に承継したうえで、同新会社の株式95%をロームに譲渡する。対象事業の直近売上高は1410億円、営業利益は38億4000万円。

沖電気工業は、半導体事業はロームが取り扱う製品との重複が比較的少なく相互補完による相乗効果を期待できると判断した。OKIセミコンダクタは2008年10月1日に設立予定で、

譲渡価額は、株式価値900億円(株式100%相当)を基礎とし、分割期日時点において95%相当の価額とする。譲渡予定日は2008年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ソフトフロントHD】再度の「M&Aで生き残り」は成功するか

【ソフトフロントHD】再度の「M&Aで生き残り」は成功するか

2018/09/25

「M&A爆発」とでもいうべき積極的な企業買収を展開しているソフトフロントホールディングス。もともと同社はM&Aに積極的ではなかった。ところが、2016年に入ると一気に5社を子会社化する。なぜ、同社はM&Aを加速したのか?そして、その結末は?

【ローム】パワー半導体で大手電機メーカーとの競争激化 

【ローム】パワー半導体で大手電機メーカーとの競争激化 

2017/12/07

電子部品メーカーのローム<6963>がパワー半導体事業で攻勢をかけている。パワー半導体の大手である三菱電機<6503>や東芝<6502>もSiCの育成に力を入れており、今後各社の競争が激しくなりそうだ。

ロームが見せた加速度センサーの買収戦術 スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(1)

ロームが見せた加速度センサーの買収戦術 スマホにみる見る電子部品サプライヤーM&Aの相克(1)

2017/06/11

スマホにはさまざまな電子部品が使われており、主要な部品とサプライヤーを見れば、テクノロジーのM&Aの相克も見て取れる。M&Aによりその加速度センサーのサプライヤーとして存在感を増したのが、電子部品の大手サプライヤーの1社であるローム株式会社だ。今回は加速度センサーに焦点をあてM&Aにまつわるロームの動きを詳しく見てみよう。

M&A速報検索

クリア