沖電気工業は、半導体事業を会社分割して新設会社OKIセミコンダクタ(仮称)に承継した上で、同社の株式95%をロームに譲渡することを決議した。

沖電気工業は、半導体事業はロームが取り扱う製品との重複が比較的少なく相互補完による相乗効果を期待できると判断した。OKIセミコンダクタは2008年10月1日に設立予定で、対象事業の直近売上高は1410億円、営業利益は38億4000万円。

譲渡価額は、株式価値900億円(株式100%相当)を基礎とし、分割期日時点において95%相当の価額とする。譲渡予定日は2008年10月1日。