ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

PayPay 今度はユニクロとタッグ 混乱の予想も

alt

「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題を集めたスマートフォン決済サービスPayPay(東京都千代田区)が再び注目を集めそうだ。 

同社はサービス開始1周年を記念して、2019年10月4日から 22日まで、ユニクロの店頭で、PayPayを利用してヒートテックインナーを購入すると、もう1枚ヒートテックインナーが無料になる「PayPayでのお支払いでヒートテックを1枚買うともう 1枚無料キャンペーン」を実施する。 

税別 990 円のヒートテックインナー2 枚をレジに持参し、ユニクロアプリのキャンペーンページから取得したクーポンを提示したうえで、代金をPayPayで支払うと、ヒートテックインナー1 枚分の商品が無料になるという流れ。 

10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられるのに伴い、軽減税率制度やキャッシュレス・消費者還元事業への関心が高まっている中での、キャンペーンだけに、インパクトはありそう。 

ただPayPayが利用できるのは東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県の店舗のみ。また、ユニクロの一部店舗ではキャッシュレス・消費者還元事業によって2%の還元が受けられるが、これら店舗は対象となっていない。 

話題の盛り上がりとともに、消費者が混乱する場面も予想される。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

続く陣取り合戦「消費税率」引き上げ後の勝敗を左右 スマホ決済サービス

続く陣取り合戦「消費税率」引き上げ後の勝敗を左右 スマホ決済サービス

2019/08/16

派手なキャンペーンが影を潜めているスマホ決済サービスだが、10月の消費税率引き上げに向けた競り合いが静かに続いている。スマホ決済サービスを提供している事業者の最近の動きを見てみると。