「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題を集めたスマートフォン決済サービスPayPay(東京都千代田区)が再び注目を集めそうだ。 

同社はサービス開始1周年を記念して、2019年10月4日から 22日まで、ユニクロの店頭で、PayPayを利用してヒートテックインナーを購入すると、もう1枚ヒートテックインナーが無料になる「PayPayでのお支払いでヒートテックを1枚買うともう 1枚無料キャンペーン」を実施する。 

税別 990 円のヒートテックインナー2 枚をレジに持参し、ユニクロアプリのキャンペーンページから取得したクーポンを提示したうえで、代金をPayPayで支払うと、ヒートテックインナー1 枚分の商品が無料になるという流れ。 

10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられるのに伴い、軽減税率制度やキャッシュレス・消費者還元事業への関心が高まっている中での、キャンペーンだけに、インパクトはありそう。 

ただPayPayが利用できるのは東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪、兵庫、福岡の7都府県の店舗のみ。また、ユニクロの一部店舗ではキャッシュレス・消費者還元事業によって2%の還元が受けられるが、これら店舗は対象となっていない。 

話題の盛り上がりとともに、消費者が混乱する場面も予想される。

文:M&A Online編集部