ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

相次ぐデータ改ざんはオーバースペックの反動か

alt

「品質はタダ」の日本的慣行が不正を生む

 神戸製鋼や東レハイブリッドコード、三菱電線工業などの品質検査データの改ざん事件では、ほとんどの顧客企業が早々と「安全性に問題なし」との安全宣言を出している。そうなると「そもそも買い手側の品質要求は適正だったのか」という疑問が浮かんでくる。実は「日本企業の品質要求は過剰だ」との指摘は、以前からあった。

 かつて日本企業と取引があった外資系部品メーカー幹部は「日本のメーカーは品質はタダだと思っている。必要のないような高スペックを低コストで要求してくる。安全性に問題のない通常品質で価格を引き下げるか、最高水準の高品質を追求するために価格を引き上げるしかないのに」と苦言を呈する。この外資系部品メーカーは品質と価格で折り合わず、日本メーカーとの取引には至らなかったという。

 しかし、国内メーカーとの取引が多い国産部品・素材メーカーにとっては死活問題だ。渋々でも引き受けざるを得ない。とはいえ価格が上がらないのであれば、生産コストを上回るような高品質の部品を安定供給できないのは当たり前だ。顧客企業が現実的でない高品質目標の設定と調達価格の引き下げを「ごり押し」した結果が、一連の品質データ改ざん問題の原因といえる。特に素材や部品を購入する側の最終製品メーカーは大型M&Aで価格交渉力が圧倒的に強くなっており、こうした「ごり押し」に拍車をかけている。

品質はタダではない
品質はタダではない Photo by nanapomerc

M&Aによる価格交渉力強化も

 もちろん、不正を行った企業の責任は重大だ。行政や顧客企業に「無駄な検査は廃止すべき」「この価格では指定の品質は担保できない」と正面から問題提起し、基準を見直してもらうか高品質を維持できる価格で契約すべきだった。「実用上の安全性には何の問題もないから」「交渉が面倒だから」という逃げの姿勢が、いずれ大きなトラブルにつながることは肝に銘じておくべきだ。グローバルなM&Aを実施して企業規模を拡大し、最終製品メーカーとの価格交渉で優位に立つ必要もあるだろう。

 それにしても同じような品質不正問題を起こしても、大手メーカーのトップが「原因究明とコンプライアンス(法令順守)の立て直しは現経営陣の責任」と居座るのに対して、東レハイブリッドコードや三菱電線工業といった子会社のトップが「安全性に問題なし」とされているにもかかわらず「原因究明とコンプライアンスの立て直しを急ぐために経営を刷新する」と即座に更迭されている。この違いは何なのか?なんとも後味の悪い幕切れだった。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

2016年1-10月全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査

2016年1-10月全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査

2016/12/12

上場企業で「不適切な会計・経理(以下、不適切会計)」を開示する企業が増えている。東京商工リサーチによると、調査を開始した2008年以降では最多ペースで、このままで推移すると年間(1-12月)最多を記録した2015年の52社(53件)を上回る可能性が出てきた。

関連のM&A速報