東レは米国の炭素繊維メーカーZoltek Companies(ミズーリ州セントルイス。売上高184億円、純資産297億円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

Zoltekはラージトウと呼ばれる汎用の炭素繊維が主力のメーカーで、徹底的にコスト競争力を強化することで、業績を大きく拡大している。東レはこれまで高機能・高品質の製品に経営資源を集中していたが、Zoltekの買収でラージトウ炭素繊維の事業に本格参入し、風力発電関連や自動車構造体などより成長性の高い分野への事業展開を図る。

取得価額は約576億円。取得予定日は非公表。