円安の記事一覧

「ペロシ円安」で浮き彫りになった日本の新たな地政学的リスク

「ペロシ円安」で浮き彫りになった日本の新たな地政学的リスク

ナンシー・ペロシ米下院議長が8月2日に台湾を訪問すると、円高に振れていた為替相場が再び円安に。東京市場で一時1ドル=134円台半ばまで下落した。「有事に強い」円の急落は安全保障にからむ日本の新たな地政学的リスクを浮き彫りにしたと言えそうだ。

記事を読む
日本企業の海外M&Aニーズ強し、円安でも再加速へ

日本企業の海外M&Aニーズ強し、円安でも再加速へ

コロナ禍でペースが鈍っていた日本企業の海外M&Aが再加速しそうだ。国内市場を横目に海外に成長を求めるニーズは強く、水面下の案件が増加している。金利上昇を受けて欧米企業の買収意欲が減ったこともあり、24年ぶりの円安も逆風とはなっていない。

記事を読む
止まらぬ円安、政府・日銀の介入はむしろ「逆効果」か?

止まらぬ円安、政府・日銀の介入はむしろ「逆効果」か?

円安が止まらない。ついに1ドル=135円台をつけた。1971年のニクソンショック以降、「円高は悪、円安は善」だったが状況は一変。輸入価格の値上がりなど物価高要因になるとして、日本政府や日本銀行が「行き過ぎた円安」に警鐘を鳴らし始めている。

記事を読む
「20年ぶりの円安」って、大騒ぎするような問題なのか?

「20年ぶりの円安」って、大騒ぎするような問題なのか?

止まらない円安に、日本中が大騒ぎだ。6月8日には1ドル=134円台まで円安が進み、20年4カ月ぶりの水準に。しかし、その当時に同134円の為替レートで困った記憶がある人は少ない。この程度の円安ごときで、大騒ぎする必要はあるのだろうか?

記事を読む
「MacBook」大幅値上げ、「iPhone14」はこうなる

「MacBook」大幅値上げ、「iPhone14」はこうなる

「非情の値上げ!」米アップルが発表した最新の「MacBook」シリーズの価格に日本中が驚いた。最も安価な「MacBookAir」が従来機より6万円も値上げされたからだ。そうなると気になるのはユーザーが多い「iPhone」シリーズの値上げだ。

記事を読む
頂点を極めた「100円ショップ」の時代が終わる?

頂点を極めた「100円ショップ」の時代が終わる?

100円ショップ業界の快進撃が止まらない。市場規模1兆円へ 大手4社の出店数はコロナ前から800店も増え、1人当たりの購買額は推計で月600円と、10年間で1.6倍に伸びている。が、どの業界もそうだが、絶好調の裏には「失速」の芽が出ている。

記事を読む
「iPhone SE3」の値上げは今後の円安を織り込み済み?

「iPhone SE3」の値上げは今後の円安を織り込み済み?

米アップルの廉価版スマートフォン「iPhone SE3」が発売された。前モデルより8000円ほど値上げされ、ついに5万円の大台を超えた。それでも現行機種「iPhone13 mini」の8万6800円に比べれば安いが、問題は日本での価格だ。

記事を読む
「日本撤退」はエディーバウアーだけじゃない!次はGAPか?

「日本撤退」はエディーバウアーだけじゃない!次はGAPか?

米カジュアル衣料大手のエディー・バウアーが、2021年12月に日本での営業を停止する。アウトレット店を含む60店舗を全て閉鎖し、国内向けのオンラインショップも閉鎖する。来年以降はセレクトショップか個人輸入でしか同社の衣料を入手できなくなる。

記事を読む
もし最強の円高なら「MacBook Pro」は11万円も安かった!

もし最強の円高なら「MacBook Pro」は11万円も安かった!

円相場は2011年に過去最高値となる1ドル=75円32銭を記録した。あれから10年、円は同114円20銭前後で取引されている。輸入価格の上昇から円安懸念が膨らんでいるが、過去最高の円高水準だったら現在の商品価格はどれだけ値下がりするのか?

記事を読む
「iPad mini」で3000円?アップル製品の値上げ迫る

「iPad mini」で3000円?アップル製品の値上げ迫る

アップル製品を購入する予定があるならお早めに!日本で販売されるアップル製品に値上げが迫っているからだ。理由は急激に進んでいる円安。過去の円安時にも、アップルは予告なしに値上げをした「前科」がある。一体、どの程度の値上がりになるのだろうか?

記事を読む
日本も他人事ではない!中国が指定を外れた「為替操作国」って何

日本も他人事ではない!中国が指定を外れた「為替操作国」って何

2020年1月13日、米財務省は同15日に為替制度の透明性確保を盛り込んだ米中貿易協議の「第1段階」の文書に署名するのを受けて、中国を「為替操作国」の指定から解除すると発表した。この為替操作国だが、実は日本にとっても無縁ではない。なぜか?

記事を読む
2015年度「通信販売・訪問販売小売業」の倒産状況

2015年度「通信販売・訪問販売小売業」の倒産状況

海外や国内でネット上の決済サービスの充実など、近年ネット通販市場が拡大しているなか、2015年度の通信販売・訪問販売小売業の倒産は調査開始以来、最多の74件に達した。通販業界は参入障壁が低く、テレビ、ラジオに加え、ネット市場の拡大で地方の企業でも十分成長できる市場である。だが、固定客を掴むと経営が安定する一方、消費者の嗜好変化や口コミなどの評判に左右され易く、マーケティングなど経営のかじ取りは難しい。今回は小売業の倒産状況を紹介する。

記事を読む
「円安」関連倒産(6月、上半期)

「円安」関連倒産(6月、上半期)

6月のドル円相場は、円高・ドル安の基調で推移していたが、24日の東京外国為替市場では、英国の欧州連合(EU)を巡る国民投票で離脱派が優勢との観測から、円を買う動きが急激に強まり、午前11時半過ぎに2013年11月以来、2年7カ月ぶりに1ドル=99円台を付けた。 6月の倒産事例を紹介する。

記事を読む
第6回地ビールメーカー動向調査

第6回地ビールメーカー動向調査

「地ビール」ブームの勢いが止まらない。2015年1-8月の全国主要地ビールメーカーの累計出荷量は前年同期比14.4%増となった。 苦戦するビール大手5社を尻目に、約7 割の地ビールメーカーが前年の出荷量を上回り、8割以上のメーカーがブームを実感している。地ビールメーカーの動向を見てみる。

記事を読む