「ラザダ」の買収から東南アジアへ

海外の収益比率を高めたいアリババ・グループが注目したのが、東南アジアだった。2011年にドイツの会社によって設立されたラザダグループは、「東南アジア版アマゾン」と呼ばれ、現在はインドネシア・マレーシア・シンガポール・タイ・ベトナム・フィリピンの6ヶ国で最大級のショッピングサイトを展開している。

ラザダが展開するショッピングサイトでは、アップルやサムソン、コンバースやニューバランスなど大手メーカーなども出店している。今後、さらに成長が期待されるショッピングサイトである。

東南アジアの電子商取引はまだ歴史が浅く、インフラ整備もこれからだが、アリババ・グループはこの時期にラザダを傘下に収めたことで、地域人口5億6,000万人の巨大なマーケットで一気に優位な位置を占めることができたと言われている。

アリババと東南アジアEC市場の今後

ラザダは今春から、自社ショッピングサイトでの「タオバオ・コレクション」の販売を開始した。これは、アリババ・グループの淘宝網の商品のうち、優良な業者に絞り込み、対象商品を約400万点に限定したものである。これまでも中国語さえ読めれば、東南アジアからでも淘宝網で商品を買うことはできたが、英語表記にすることで市場開拓を狙う戦略に出たと言われている。

アリババ・グループとラザダは今後も提携関係を深めていくと見られ、東南アジアでの電子商取引の成長と共に、両社の成長にも注目していきたい。

文:M&A Online編集部

参考資料
○本件買収のプレスリリース(アリババのHP)