ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

仮想通貨って誰がどう使ってるの?ビックカメラで現状を探った

alt
ビットコイン支払い用のバーコードを示すビックカメラ有楽町店のユ リョウエンさん

仮想通貨の出番はまだまだありそう

LINEは無料の通話やメールが楽めるアプリを手がけており、仮想通貨交換業に参入することで自社のアプリ内で決済ができるようになる。検索、オークション、ニュース、ショッピングなど多数のサービスを展開しているヤフーも、ショッピングなどで仮想通貨を使えるようになれば、決済コストを引き下げることができる。

ビットコイン使えますの吊り看板

LINEやヤフーのような取り組みについて「当社ではそのような話しはない。仮想通貨は顧客の利便性を高めるためにやっていること」と、ビックカメラ広報・IR部グループ広報課長の細山祐一さんはきっぱり。

ビックカメラではインターネットを利用したオンラインショッピングが可能なEC(電子商取引)サイトを展開しており、楽天と組んで新しいECサイトも立ち上げた。楽天と組んだこのサイトではビットコインは使えない。決済が簡単な仮想通貨の出番はまだまだありそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

マネックスグループ、コインチェック子会社化で会見、買収背景の明言避ける

マネックスグループ、コインチェック子会社化で会見、買収背景の明言避ける

2018/04/15

仮想通貨NEM(ネム)の流出で話題となった取引所大手のコインチェック。ネット証券のマネックスグループは都内で記者会見を開き、コインチェックを買収、子会社化することを発表した。

関連のM&A速報