ビットコインの記事一覧

仮想通貨/暗号資産のビットマスター 負債総額は約109億円

仮想通貨/暗号資産のビットマスター 負債総額は約109億円

ビットコイン販売代理業のビットマスターが11月22日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。負債総額は債権者2万2369名に対して約109億4400万円。​

記事を読む
日本製鉄、逆境に強く「結果」を安心して期待!|ビジネスパーソンのための占星術

日本製鉄、逆境に強く「結果」を安心して期待!|ビジネスパーソンのための占星術

新日鉄住金が2019年4月に「日本製鉄」に社名変更して半年が過ぎた。実は「日本製鉄」の社名が復活するのは69年ぶり。同社のルーツは官営八幡製鉄所。「鉄は国家なり」を体現してきた日本有数の名門企業だが、占星術でみた新生・日本製鉄の行方は?

記事を読む
LINE、楽天が「仮想通貨」で開く新しい世界とは

LINE、楽天が「仮想通貨」で開く新しい世界とは

消費税率がアップする2019年10月を前に、関心の薄らいでいた仮想通貨に、LINE、楽天という身近な企業の参入が相次いでいる。仮想通貨事業にキャッシュレスやブロックチェーンなどが結び付き、新しい世界が出現しようとしている。

記事を読む
なぜプログラマーに「Macユーザー」が多いのか?

なぜプログラマーに「Macユーザー」が多いのか?

プログラマーにMacユーザーが多い問題について、今回は少し掘り下げて考えてみたいと思います。

記事を読む
黒船来航か フェイスブックが仮想通貨に参入

黒船来航か フェイスブックが仮想通貨に参入

​米フェイスブックが仮想通貨事業に参入する。価格が安定しているためスマホ利用者間の送金や、買い物の決済などで使用ができるという。 一旦落ち着いた日本の仮想通貨交換業業界に、黒船来航となるのか。

記事を読む
「仮想通貨」の新たな船出となるか 楽天が新サービス

「仮想通貨」の新たな船出となるか 楽天が新サービス

仮想通貨の新たな活用法が広がりを見せている。楽天<4755>は子会社の、みなし仮想通貨交換業者である、楽天ウォレット(東京都世田谷区、旧社名みんなのビットコイン)で新しいサービスを4月から始める。

記事を読む
LINEや楽天などが仮想通貨で激突  PayPayのような話題性のあるキャンペーンも

LINEや楽天などが仮想通貨で激突 PayPayのような話題性のあるキャンペーンも

仮想通貨でLINEや楽天、マネックスグループなどの大手が激突する可能性が高まってきた。スマホ決済サービスPayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」のような話題性のあるキャンペーンなどが登場する可能性も。

記事を読む
【2018年M&A】件数トップは10件の「ソフィアHD」 調剤薬局に照準

【2018年M&A】件数トップは10件の「ソフィアHD」 調剤薬局に照準

東証の「適時開示」ベースで、2018年の企業別のM&A(企業・事業の買収または売却)件数ランキングを12月28日時点でまとめたところ、10件を手がけたソフィアホールディングスが最多だった。10件中、買収は9件で、いずれも調剤薬局が対象。

記事を読む
ニューアート(ダイヤモンドシライシ)の仮想通貨は何だったのか

ニューアート(ダイヤモンドシライシ)の仮想通貨は何だったのか

ダイヤモンドシライシのNEW ART HOLDINGSが150億円の調達を予定していた仮想通貨事業。最終的に手にした額は160万円でした。同社は仮想通貨事業を営む子会社を10万円で売却しています。ICO実施からわずか1ヵ月の出来事です。

記事を読む
仮想通貨が暗号資産に呼称変更される? 金融庁が検討

仮想通貨が暗号資産に呼称変更される? 金融庁が検討

金融庁が事務局を務める「仮想通貨交換業等に関する研究会」が、研究会の報告書(案)で仮想通貨の呼称を暗号資産に変更する方向性を打ち出した。

記事を読む
ブロックチェーンで変わる未来 銀行がなくなるかも

ブロックチェーンで変わる未来 銀行がなくなるかも

経済学者の野口悠紀雄氏が近未来社会を予測。AIとブロックチェーンが結びつけば、経営者も労働者もいない無人のタクシー会社ができかもしれない。中央銀行の仮想通貨で市中銀行が無くなるかもしれない。

記事を読む
日本が目指す「仮想通貨」の世界が具現化 2018年後半の動き

日本が目指す「仮想通貨」の世界が具現化 2018年後半の動き

2018年後半は仮想通貨業界団体による自主規制や、みなし業者の整理、東京大学でのブロックチェーン講座の開講、国税庁による仮想通貨所得の簡易計算方式の公表など、日本が目指す仮想通貨の世界が具現化してきた。

記事を読む
テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

テックビューロ 仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに売却

テックビューロは10月10日、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」をフィスコに事業譲渡したと公表した。

記事を読む
「ビットコイン 夢と未来」(2014年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<20>

「ビットコイン 夢と未来」(2014年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<20>

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画&ドラマを紹介。今回取り上げるのは「ビットコイン 夢と未来」。ビットコインの誕生からマウントゴックス破綻までをたどったドキュメンタリーで、ビットコイン黎明期の歴史がわかります。

記事を読む
「仮想通貨」が流出したホットウォレットって何?

「仮想通貨」が流出したホットウォレットって何?

テックビューロ(大阪市西区)は、同社が運営する仮想通貨取引所Zaifのホットウォレットから流出した仮想通貨が約70億円分になると修正した。ホットウォレットとは一体何なのか。

記事を読む
テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

テックビューロから仮想通貨約67億円分が不正流出 フィスコがM&A

​登録仮想通貨交換業者であるテックビューロが保管しているビットコインなどの仮想通貨約67億円分が不正流出した。フィスコグループがテックビューロを子会社化し支援する。

記事を読む
「仮想通貨」新規参入意向企業が5カ月で1.6倍の160社に

「仮想通貨」新規参入意向企業が5カ月で1.6倍の160社に

仮想通貨交換業に新規参入の意向を持つ企業が160社超に達していることが、金融庁の調べで分かった。4月27日に金融庁が公表した資料では100社程度だったため、この5カ月ほどで1.6倍に増えたことになる。

記事を読む
【2018年8月M&Aサマリー】買収72件は今年最多、100億円超も8件と突出

【2018年8月M&Aサマリー】買収72件は今年最多、100億円超も8件と突出

東証「適時開示」ベースで、2018年8月の買収件数は72件(7月54件)と、5月の64 件を上回り、今年の月間最高となった。このうち、海外企業を対象とする買収は19件、買収金額10億円超は25件あり、いずれも今年最多。なかでも100億円超の大型案件は1~7月で合計26件だったが、8月だけで8件に上り、集中ぶりが目立った。

記事を読む
ブロックチェーンのスタートアップ企業に投資 LINEがファンド設立

ブロックチェーンのスタートアップ企業に投資 LINEがファンド設立

​LINEは仮想通貨技術の一つであるブロックチェーン技術の開発を手がけているスタートアップ企業に投資をするファンドunblok ventures Limitedを設立した。

記事を読む
​  日本の「仮想通貨」の信頼性が向上 楽天が最後のみなし業者を買収

​ 日本の「仮想通貨」の信頼性が向上 楽天が最後のみなし業者を買収

日本の仮想通貨交換業が大きな転換点を迎えた。楽天が事業展開が定まっていなかった仮想通貨交換業の最後のみなし業者である「みんなのビットコイン」を買収することになったためだ。

記事を読む
証券業界が「仮想通貨」を支える分散台帳技術の導入に着手

証券業界が「仮想通貨」を支える分散台帳技術の導入に着手

​証券コンソーシアムが仮想通貨の基本技術である分散台帳技術を証券業界に導入するための組織「DLT先端実験ワーキンググループ」を立ち上げた。先端実験の検討を進める。

記事を読む
「ソーシャル・ネットワーク」(2010年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<18>

「ソーシャル・ネットワーク」(2010年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<18>

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画&ドラマを紹介。今回取り上げるのは、「ソーシャル・ネットワーク」。史上最年少で億万長者となったマーク・ザッカーバーグがフェイスブックを立ち上げるまでを描いた。

記事を読む
【SBI】仮想通貨で攻勢 口座数で日本最大の証券会社になる

【SBI】仮想通貨で攻勢 口座数で日本最大の証券会社になる

SBIホールディングスが仮想通貨ビジネスで攻勢をかけている。2017年10月以降だけでも、仮想通貨やブロックチェーン関連の発表が8件あり、急速な動きが見て取れる。

記事を読む
激動の仮想通貨交換業界 100社が参入意向

激動の仮想通貨交換業界 100社が参入意向

2018年前半は仮想通貨取引業者の間に嵐が吹き荒れた。金融庁の行政指導により8社が仮想通貨交換業から撤退。その一方で新規参入が相次ぎ、今後も100社ほどが同事業への参入の意向を持つ。当面進退入り混じった変化の激しい展開が続きそうだ。

記事を読む
APIの取り引きに仮想通貨が使われると何が変わるか?

APIの取り引きに仮想通貨が使われると何が変わるか?

仮想通貨を巡る動きが急だ。中国が規制を強化したほか米国でも注意を呼びかけるなど政府によるブレーキが顕在化してきた。その一方で企業による新しい取り組みが相次ぐなど、政府と民間の綱引きが続いている。防戦気味の民間の新しい3つの動きを追ってみる。

記事を読む