バルミューダだけじゃない!ベンチャーにスマホは「鬼門」なのか

alt

「バルミューダフォン」は初の成功事例となるか?

「バルミューダフォン」にコンセプトが近いのは、高価格のデザイン家電を手がけるamadana(アマダナ)が2008年2月に発売した「amadanaケータイ」だろう。2011年6月に発売された4代目の「MEDIAS WP N-06C」でスマホに転換した。

ただ、同社の端末は量販機種の本体カラーやロゴ、初期画面を変更しただけの「コラボモデル」で、独自に開発したモデルではない。参入リスクは小さいが、それほど「うま味」もなかったのだろう。アマダナは「MEDIAS WP N-06C」を最後にスマホを発売していない。

スマホを手がけたベンチャーのうち、「消滅」した2社はいずれも低価格スマホを手がけていた。低価格スマホは量産がカギで、日本だけでなく中国や米国といった大市場での販売に成功しなければ存続は難しい。一方、「バルミューダフォン」のような高級スマホであれば日本市場だけでも勝機はあるだろう。

ただ、「バルミューダフォン」は他社製品では6〜8万円台のスマホと同等のCPUが搭載されており、ディスプレーも有機ELより安価な液晶が採用されているなど、ハードの性能面から見れば割高だ。

「バルミューダ」のブランドイメージが高いのは事実だが、例えばスマートウォッチでコラボモデルを展開する「エルメス」には及ばない。デザインだけで高価格商品として訴求できるかどうかは不透明だ。

はたしてバルミューダは、国産スマホベンチャー初の成功を収めることができるのか?技術基準適合認定問題が解決した後の仕切り直しに注目したい。

優れた機能と美しいデザインで人気のバルミューダ家電(同社ホームページより)

文:M&A Online編集部

関連記事はこちら
富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか
LINEはなぜ格安スマホで失敗したか

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ソフトバンクが発売する18万円超の「ライカスマホ」は買いか?

ソフトバンクが発売する18万円超の「ライカスマホ」は買いか?

2021/06/20

ソフトバンクが2021年7月に独高級カメラメーカーのライカが全面監修する5Gスマートフォン「Leitz Phone 1」を発売する。価格は18万7920円(消費税込み)と、かなり高額だ。カメラファン垂涎の的のライカスマホは「買い」なのか?