ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【更新】クラウドワークス株を保有する「ベイリー・ギフォード」って誰?

alt

高い情報・通信業の保有割合

ではベイリー・ギフォードはどのような分野の日本企業に投資しているのだろうか。

投資実績のある75社のうち現在、最も保有割合が高いのは美容関連情報サイトを運営するアイスタイルの14.03%。次いで決済などのインターネットインフラを手がけるGMOインターネットの13.96%、ネット証券などを展開するSBIホールディングスの13.41%と続く。 

投資先企業の業種はサ-ビス業17社、情報・通信16社、電気機器8社、小売業6社、機械5社、その他23社といった具合で、保有割合上位10社中5社が情報・通信業だった。

大量保有報告書を見ると、投資の傾向が見えてくる。今後ベイリー・ギフォードがどのような企業に投資してくるだろうか。

【ベイリー・ギフォードの保有割合上位10社】2020年1月28日現在

順位 提出日 対象企業 業種 保有割合
1 2019/04/23(火) アイスタイル 情報・通信 14.03%
2 2019/10/15(火) GMOインターネット 情報・通信 13.96%
3 2019/10/15(火) SBIホールディングス 証券 13.41%
4 2019/03/19(火) ロコンド 小売 13.1%
5 2017/03/28(火) ネクスト サ-ビス 12.5%
6 2018/12/18(火) ブロードリーフ 情報・通信 11.13%
7 2019/10/09(水) サイバーエージェント サ-ビス 10.87%
8 2018/11/27(火) ピジョン その他製品 10.75%
9 2020/01/22(水) gumi 情報・通信 10.67%
10 2019/12/02(月) コロプラ 情報・通信 10.55%

文:M&A Online編集部

ベイリー・ギフォードの大量保有報告書一覧はこちら

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

レノがレオパレス21を4度買い増し「現経営陣の退陣を要求」2019年12月の大量保有報告書

レノがレオパレス21を4度買い増し「現経営陣の退陣を要求」2019年12月の大量保有報告書

2020/01/04

2019年12月の大量保有報告書の提出状況を見ると、レオパレス21関連で大きな動きがあった。旧村上ファンド系の投資会社レノがレオパレス21株を4度買い増し、保有割合を14.45%に高めた。