ソーシャルサービス事業を主力とするガイアックス<3775>は、完全子会社でシステム開発を手がける電縁(売上高:23億円、営業利益:8千万円、純資産:2億円)の発行済み株式の67%をクラウドワークス(東京都渋谷区)に譲渡することを決議した。

ガイアックスは平成18年1月、電縁を簡易株式交換により完全子会社化した。今回の株式譲渡で得た資金を財務体質強化に充てるとともに、民泊などに代表されるシェアリングエコノミー市場での優位性確保に経営資源を集中させる。一方、クラウドワークスは電縁を傘下に取り込むことで、自社のクラウドソーシング事業との相乗効果が見込めると判断した。

株式取得価額は6億円。

株式取得予定日は平成29年11月20日。