M&A速報

アインホールディングス<9627>、調剤薬局の土屋薬品を子会社化

2019/02/25

アインホールディングスは調剤薬局経営の土屋薬品(長野市。売上高88億4000万円、営業利益8億200万円、純資産35億9000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

アインホールディングスは調剤薬局の全国チェーンを展開し、新規出店のほか、M&A活用による事業拡大に取り組んでいる。土屋薬品は1994年設立で、長野県内に調剤薬局36店舗を持つ。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年3月28日。

関連の記事

都道府県別のM&Aランキングは?|福岡、北海道がトップ10入り

都道府県別のM&Aランキングは?|福岡、北海道がトップ10入り

2021/01/15

M&Aの分野でも「東京一極集中」が際立っている。東京都は2位の大阪府を6倍近く引き離して断トツだ。これに続いて3大都市圏近郊の府県が上位に顔をそろえるが、福岡県、北海道の地方の両雄がそろって上位10にラインクインする。

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

2017/10/20

調剤薬局業界は市場形成からまだ歴史は浅いものの、国内でも希有な市場拡大が続いている業界として知られる。最近は調剤を行うドラッグストアが増えており、競争が激化している。業界最大手であるアインファーマシーズですら業界シェアはわずか数%だ。

【アインファーマシーズ】ピンチをチャンスに変える鮮やかなM&A

【アインファーマシーズ】ピンチをチャンスに変える鮮やかなM&A

2016/01/29

臨床検査受託からドラッグストア、調剤薬局へ。M&Aで経営危機を乗り切り、大企業の資金と信用を味方につけてピンチをチャンスに変えた、アインファーマシーズの事業戦略とは?