アインファーマシーズ(北海道)は、四国最大の調剤薬局チェーンとして調剤薬局41店舗を展開するグループの持株会社、NPホールディングス(香川県、売上高4千万円、営業利益△5千万円、純資産 17億円)の全株式を取得、子会社化することを決議した。

NPホールディングスは西日本ファーマシー(売上高61億円、営業利益6億円、純資産13億円)、瀬戸内ファーマシー(売上高3億円、営業利益2千万円、純資産8千万円)及びエスクリード(売上高3千万円、営業利益2百万円、純資産3千万円)の持株会社。

アインファーマシーズは、同社グループを子会社することで出店数が少ない四国地域に強力な事業拠点を構築し、同地域に出店開発を推進するとしている。

株式取得価額は56億円(アドバイザリー費用等含む)。

株式譲渡実行予定日は平成27年11月2日。