ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ソフトバンクのARM買収

alt

孫社長によると買収交渉はわずか2週間前から始まったそうです。だとすると英国のEU離脱決定直後からだったことになり、やはりARMの経営陣や主要株主は英国EU離脱がARMの将来に大きな影を落としていると理解して売却を急いだと考えられます。

買収交渉がたった2週間ではとても詳しい資産査定はできません。ARMの資産といっても大半が特許やロイヤリティ、ライセンス契約など無形資産なので、ざっと見ただけでは英国EU離脱によるダメージなどは見極められません。

また孫社長は記者会見で経営陣はそのまま残ると明言していますが、孫社長を含むソフトバンクから役員を派遣するかについては明言を避けているところも気になります。

本日(7月19日)のソフトバンクの株価は620円安(10.3%安)の5387円となり、たった1日で時価総額を7440億円も吹っ飛ばしてしまいました。大型買収を発表した直後の株価は下落することが一般的で、2012年10月にスプリント買収を発表した直後にも2200円まで下落していましたが、今回はやや意外な下落幅でした。

そのスプリントの株価も、ソフトバンクのテコ入れが期待されて1月の2.5ドルから先週末には5.0ドルまで上昇していましたが、7月18日には4.75ドルまで5%下落しました。

スプリントは業績の裏付けがないため、株価はもう少し下落するかもしれません。

ソフトバンクの過去の大型買収に比べると「突っ込みどころ」が少ないARM買収ですが、皮肉なことに(日本の)株式市場は「意外と冷静に」受け止めているようです。久々にソフトバンクの株価を眺めることが増えそうです。

本記事は、「闇株新聞」より転載しております。
原文を読みたい方は、こちらからどうぞ

関連リンク
どうにも不可解な「さが美」のTOB
「ソフトバンクによるARM社買収について」
【ソフトバンク】M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

闇株新聞について

新聞記者投資家が毎日更新を今か今かと待つ超弩級ブログの筆者『闇株新聞』の本[日刊闇株新聞]

世界の出来事を独自の見解で読み解く
刺激的金融ブログ
http://yamikabu.blog136.fc2.com/

金融ブログ 闇株新聞

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ「闇株新聞」

人気ブログ「闇株新聞」で「オリンパス事件」「AIJ投資顧問事件」といった経済事件をきっかけに、信頼のおける解説でコアな読者をつかんでいる。 著書に『闇株新聞 the book』(ダイヤモンド社)など。


NEXT STORY

上場企業「役員報酬 1億円以上開示企業」調査

上場企業「役員報酬 1億円以上開示企業」調査

2016/10/09

M&A Online編集部です。今回は「上場企業 役員報酬 1億円以上開示企業調査」(東京商工リサーチ)を取り上げます。最高額はソフトバンクグループ ニケシュ・アローラ元副社長の64億7,800万円でした。

関連のM&Aニュース