ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

2016年1-8月「老人福祉・介護事業」の倒産状況

alt
※画像はイメージです

デイサービスを含む「通所・短期入所介護事業」の倒産が2割増

 2016年1-8月の老人福祉・介護事業倒産の内訳では、施設系のデイサービスセンターを含む「通所・短期入所介護事業」が最多の28件(前年同期比21.7%増、前年同期23件)発生した。

 また、「訪問介護事業」も25件(同19.0%増、同21件)と前年同期を上回り、有料老人ホームは4件(前年同期2件)発生した。

設立5年以内の倒産が約半数

 2011年以降に設立された事業者の倒産が29件(構成比46.7%)と半数近くを占め、設立から5年以内の新規事業者が目立つ。従業員数別でも、5人未満が42件(前年同期比13.5%増、前年同期37件)と増加し、小規模事業者の倒産が全体の約7割(構成比67.7%)を占めた。このように、小規模かつ新規事業者が倒産を押し上げている構図が浮かび上がっている。

NEXT STORY

2015年度「通信販売・訪問販売小売業」の倒産状況

2015年度「通信販売・訪問販売小売業」の倒産状況

2016/09/05

海外や国内でネット上の決済サービスの充実など、近年ネット通販市場が拡大しているなか、2015年度の通信販売・訪問販売小売業の倒産は調査開始以来、最多の74件に達した。通販業界は参入障壁が低く、テレビ、ラジオに加え、ネット市場の拡大で地方の企業でも十分成長できる市場である。だが、固定客を掴むと経営が安定する一方、消費者の嗜好変化や口コミなどの評判に左右され易く、マーケティングなど経営のかじ取りは難しい。今回は小売業の倒産状況を紹介する。