これからM&Aに踏み切る経営者の方へ

 M&Aを進めるにあたり、今いかに友好的な関係にあったとしても、将来その関係がどのようになるかは分かりません。ましてや、全ての株主(法人株主の場合、その法人の社長)が代替わりしてしまった時にどのような関係になるのか分かりません。

 株式は相続財産です。もしも会社の経営から縁遠い個人株主が代替わりしてしまうような時、市場で流通していない非上場株式は、相続人にとっては配当を受取る以外は価値がないうえに、相続税が課される財産となってしまいます。存続企業にとっても上述したようなリスク要因となります。

 M&Aは事前のあらゆるリスクやメリットと、事後の事業経営の充分な検討以外にも、超長期的な株主構成に関しても充分な検討をしたうえで実行に踏み切って下さい。


記事は事例の特定を避けるため、一部フィクションが含まれています。

文:高橋 秀彰