ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「らでぃっしゅぼーや」買収、ドコモの誤算、オイシックスの勝算

alt


オイシックス
オイシックス


業界の寡占化を着実に進めるオイシックス

オイシックスは、2017年に同業の大地を守る会と経営統合しました。オイシックスの会員数は14万人、大地を守る会が10万人。市場を食い合う戦略を改め、手を結んで市場を拡大する方向へと進みました。

そして、らでぃっしゅぼーやの買収です。同社の会員数は16万人。大地を守る会とらでぃっしゅぼーやを飲み込んだオイシックスは、巨大な有機野菜提供者となりました。

売上規模は580億円前後になると予想されます(オイシックス18年3月期予想380億円+らでぃっしゅぼーや200億円)。宅食の王者ヨシケイの売上高800億円に続いて、業界2位を獲得した形。

オイシックスが、上場企業の一つのマイルストーンである、1000億円企業に成長できるかどうか。それは、農家とのネットワークと巨大な会員を獲得した同社が、市場規模の拡大へとリソースをさけるかどうかにかかっています。

イタリアは有機畑の割合が8.6%、ドイツが6.1%。日本の0.22%と比べると3~40倍もの数字です。伸びしろは確実にある。それはユニクロをはじめとした数々の大企業が参入したことで、充分すぎるほどよくわかっています。

有機野菜という凄まじい手間や農業の規制、通信インフラの未整備を乗り越えられるか。そこにオイシックス成長の鍵が隠されていることは間違いありません。

文:麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

楽天の携帯電話市場参入で業界はどうなる?5G開発を急ぐNTTドコモ

楽天の携帯電話市場参入で業界はどうなる?5G開発を急ぐNTTドコモ

2018/01/19

楽天の携帯電話市場への参入では、基地局の設置工事などに伴い、資金調達残高が2019年のサービス開始時には約2000億円、2025年には最大で6000億円規模を想定しているという。その金額が大きいものかどうか、楽天のこれまでの買収の金額、NTTドコモの設備投資額などから、あらためて考えてみたい。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5