menu
Social media

【現場の声】ベンチャーとIPO、そしてバイアウトによるイグジット その3

Cover 527604c7 3aaa 4f4f 9b72 bd5c9ad0040a

 買い手は大手IT企業が最右翼です。IT企業は少人数で大きな売り上げをつくれる可能性があるので、市場の期待も非常に大きなものになります。たとえば通常の不動産会社はPER(株価収益率)が10倍程度なのに対して、IT企業なら50倍ということもあり得ます。仮に1億円の最終利益が出れば不動産会社の時価総額は10億円、IT企業なら50億円。そのくらい化け方が違うので、IT会社はけた違いに資金力があります。そのために不動産×ITみたいな会社も出てくるわけですし、大手IT企業が、IPOを目指すような新しいビジネスを手掛けている会社を見つけると、「うちのグループに入って新規事業としてやりませんか?」といった具合に声を掛けるわけです。

 懸念材料は、ここ数年一種のIPOバブルが続き、バリュエーション(企業価値評価)が膨らんでいることです。その結果、売り上げがほとんど上げらておらず、利益も出ていないのに100億円のバリュエーション(企業価値評価)が付くような企業が出てきてしまうわけです。すると大量の資金を投資した株主たちは、100億円以上でなければ売らないということになりますが、高すぎれば売れません。現在、この問題がバイアウトを妨げています。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5】セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

【「M&Aでグループ会社に! 注目ディール5選」その5】セブン&アイHD<3382>がカタログ通販のニッセンを買収

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの?と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?最終回は、大手カタログ通販会社を買収したセブン&アイHDについて。


注目の記事

Thumb 14c917aa 14f0 4cd1 a536 f6e399afd093

ソレキアの敵対的TOB ホワイトナイトに富士通登場 漁夫の利を得た一般株主

ジャスダック上場のシステム開発会社ソレキアは、フリージア・マクロス会長の佐々木ベジ氏に敵対的TOBを仕掛けられた。ホワイトナイトとして富士通が登場し、敵対的買収は阻止されたが、ソレキア株は急上昇し株主は漁夫の利を得た。

Thumb c1f381ec 6df8 4ac8 8d81 03682c7554cc
Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c
Thumb a8fdfe5d f95b 4640 a092 4a39dcf7af6e