ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

有価証券報告書に開示される「継続企業の前提に関する注記」とは しっかり学ぶM&A基礎講座(59)

alt

GCと聞くと「ゴルフ倶楽部」を思い浮かべる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、財務周辺に関わりを持つ方なら「ゴーイング・コンサーン(Going Concern)」すなわち「継続企業の前提」という意味で使用するケースが多い略語といえるでしょう。

継続企業の前提に関する注記(GC注記)は、企業経営に黄信号が灯ったときに開示される情報です。この注記には具体的にどのような意味があり、また、どのような検討を経て開示されるものなのか。今回はその概要を紹介したいと思います。

そもそも「継続企業の前提」とは何なのか

継続企業とは、文字どおり、企業が将来にわたって経営を継続していくことを意味しています。それでは、この継続企業の「前提」について、わざわざ開示を行う理由はどこにあるのでしょうか。「前提」という少し格式ばった用語を使用しているのは、その背景に会計理論が関係しているためです。

現実的な意味合いとしては、継続企業であることが、市場において投資家が企業に対して投資するための「前提」でもありますし、金融機関などが融資を行う「前提」にもなっているでしょう。ただし、本来の意味としては、会計の世界において継続企業が「会計公準」(会計における基礎的な前提条件)の一つになっていることを示しています。

もし、継続企業を前提としないのであれば、資産や負債は企業が清算することを前提とした価値で評価するのが適切かもしれません。つまり、金目のモノは売り払い、借金は返せる額だけ返すことを前提とした貸借対照表(バランスシート)が正しいとも考えられるのです。

しかし、企業会計の実務では、設備投資をした場合には取得原価をもとに将来の期間にわたって費用化(減価償却)していくような方法を採用しています。すなわち、継続企業を前提とした会計処理を行っています。

このように有価証券報告書に掲載されている会計情報が継続企業を前提としているがゆえに、その前提に疑義があるような場合には読者に対して注意喚起が必要となります。これがGC注記の役割といえます。

NEXT STORY

「条件付取得対価」で対価の一部が返還される場合の会計処理は?しっかり学ぶM&A基礎講座(58)

「条件付取得対価」で対価の一部が返還される場合の会計処理は?しっかり学ぶM&A基礎講座(58)

2019/03/11

2019年1月16日、企業会計基準委員会(ASBJ)から改正企業会計基準第21号「企業結合に関する会計基準」などが公表されました。これは「条件付取得対価」で対価の一部が返還される場合の取扱など定めた改正によるものです。