【M&A仕訳】株式移転の会計処理

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

こんにちは、公認会計士の岡 咲(おか・さき)です。(ペンネームです。会員検索してもこの名前では出てきませんので、悪しからず。)

連載第5回は、個別会計における株式移転の仕訳について説明します。

株式移転のスキームについて(取引概要)

前回の株式交換では、取得企業が新株を発行し、被取得企業(取得対象会社)のすべての株主が保有するすべての被取得企業株式と当該新株を物々交換するという”1対多”の集団的な取引でした...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5