一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(27)

alt
バーンレート(航海期間)と成功報酬をめぐって諮問委員会との交渉が難航する(写真はイメージ)

1486年5月、コロンブスはカトリック両王に拝謁した。コルドバの王宮で開催された運命のプレゼンで、コロンブスはイザベルに訴える。邪教に耽り、キリストの福音を知らぬまま、死んで地獄に落ちる憐れな未開の異教徒たちを聖なる教えに導いて救うと。

コロンブス、渾身のプレゼンをぶちかます

そしてフェルディナンドにも訴える。この新貿易ルート開拓が、スペイン王国に巨万のリターンをもたらすだろうと。コロンブスは、両王の政治的関心事を正確に分析し、それぞれに対して「グサッと刺さる」一世一代のプレゼンを行った。

1486年のこのプレゼンにおいて、イザベラは多少の興味を示し、フェルディナンドはほとんど興味を示さなかったというのが史実らしい。イザベラは、諮問委員会を設置し、具体的に検証するように指示した。諮問委員会の長はイザベラ女王の贖罪司祭エルナンド・デ・タラベーラ。のちのグラナダ大司教だ。

彼もまた、数代前にユダヤ教からキリスト教に改宗した新キリスト教徒だった。タラベーラの諮問委員会はコロンブスの事業計画書を精査し、否定的な見解を示す。スペインとの交渉が暗礁に乗り上げたコロンブスは、欧州各地の王国(フランスやイギリスなど)にも、弟と協力して自分のプロジェクトを売り込む。

現代の起業家が、アタックリストを作成して端から投資家アポを取ろうとする様子と瓜二つだ。しかし、ほぼすべての国が初回プレゼンさえ聞かずに断った。

6年間塩漬けにされたあと、6か月ですべてが決まる

1486年の初回プレゼンから何も進まないまま6年が過ぎる。そして運命の1492年の幕が開ける。グラナダ奪還、ユダヤ人の追放、コロンブスの初航海…すべてが一気に動き出す。

カスティージャの支払い総監サンタンゲルは、コロンブスの航海計画について相談を受け、すぐに動く。1492年1月24日。サンタンゲルはイザベルに対し、かつての諮問委員会の決定を取り消してコロンブスを出発させるよう説得を試みる。彼はこう主張する。

ポルトガルの喜望峰ルート開拓が成功したら、香辛料貿易は彼らに独占され、スペインにとって決定的なダメージになるだろう。また、コロンブスの航海には、実はそれほど巨額の資金はかからない。重要な賓客を招いて1週間祝宴を挙げる程度の金額である。

しかし、宮廷ユダヤ人サンタンゲルの助言の前に、同じ宮廷ユダヤ人にして諮問会議の委員長タラベーラが、再び大きな壁として立ちはだかる。

西澤 龍 (にしざわ・りゅう)

IGNiTE CAPITAL PARTNERS株式会社 (イグナイトキャピタルパートナーズ株式会社)代表取締役/パートナー

投資ファンド運営会社において、不動産投資ファンド運営業務等を経て、GMDコーポレートファイナンス(現KPMG FAS)に参画。 M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、JAFCO事業投資本部にて、マネジメントバイアウト(MBO)投資業務に従事。投資案件発掘活動、買収・売却や、投資先の株式公開支援に携わる。そののち、IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS 現在IBMに統合)に参画し、事業ポートフォリオ戦略立案、ベンチャー設立支援等、コーポレートファイナンス領域を中心にプロジェクトに参画。2013年にIGNiTE設立。ファイナンシャルアドバイザリー業務に加え、自己資金によるベンチャー投資を推進。

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業(マクロ経済政策、国際経済論)
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 CMA®、日本ファイナンス学会会員

コラムに関する質問・問い合わせ・弊社サービスに関するご相談は、以下にご連絡ください。
ignite.info@ignitepartners.jp


NEXT STORY

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(26)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(26)

2022/08/30

前回のコラムでは、コロンブスがその初航海の途上でカトリック両王に送ったとされる書簡について触れた。そして、彼の航海には真のスポンサー「ルイス・デ・サンタンゲル」という宮廷ユダヤ人がいたことに触れた。今回はまず彼の出自とその業務を確認しよう。