一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(25)

alt
バルセロナのコロンブス記念塔

件名 :我らの主 イエス・キリストの御名において
From
:クリストファー コロンブス
To
  :イザベラ・フェルディナンド両国王

「まことに信仰深いキリスト教徒であり、またまことに貴くも秀でた、力強い君主である我らの主君、エスパニャスと海上の諸島の国王並びに女王陛下。1492年のこの年、ヨーロッパをかねてから支配していたモーロとの闘いを両陛下が終息させられて、あのグラナダの大都での戦を終えられ、本年1月2日、両陛下の軍勢が同都の城塞アルハンブラの塔に王旗を掲げるのを、私はその地において目のあたりにし、かつまた、同都の城門よりモーロ王が出城して、両陛下ならびに王子閣下の御手に接吻するのを、拝したのであります」(出所 コロンブス航海誌」 林家永吉訳 以下同)

カトリック両王向けに提出されたコロンブスの航海日誌

これはコロンブスが第1回航海の途中、船上からカトリック両王に送付したとされる書簡の冒頭である。レコンキスタ完遂直後の1492年初頭のスペインキリスト教国家の高揚感が生々しく伝わってくる。さらに引用を続けよう。 

「こうして、多くの民が偶像崇拝に満ち、破滅の教義を報じ続けてきたわけですが、両陛下はカトリック教徒として、またこの聖なる教えを崇信し、これを弘めたもう君主として、さらにまたマホメットの教えや、すべての偶像崇拝や、邪教の敵として、この私、クリストバールコロンを、インディアのさきに述べた地方へ派せられ、彼の地の君主や、人民や、さらにその土地、その模様やその他すべてを見聞して、彼らを聖なる教えに帰依させることができるような方途を探求するようにと命じられ、そのためには、従来から通ってきた東の陸地からではなく、今日まで人が通ったことがあるか確かではない西方から赴くようにと仰せつけられました。そこで、両陛下はこの1月に、そのすべての国土ならびに領土からユダヤ人を追放せられて後、私に対し、十分なる船隊をひきいて、インディアスの前記地方に赴くよう命ぜられたのであります」

西澤 龍 (にしざわ・りゅう)

IGNiTE CAPITAL PARTNERS株式会社 (イグナイトキャピタルパートナーズ株式会社)代表取締役/パートナー

投資ファンド運営会社において、不動産投資ファンド運営業務等を経て、GMDコーポレートファイナンス(現KPMG FAS)に参画。 M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、JAFCO事業投資本部にて、マネジメントバイアウト(MBO)投資業務に従事。投資案件発掘活動、買収・売却や、投資先の株式公開支援に携わる。そののち、IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS 現在IBMに統合)に参画し、事業ポートフォリオ戦略立案、ベンチャー設立支援等、コーポレートファイナンス領域を中心にプロジェクトに参画。2013年にIGNiTE設立。ファイナンシャルアドバイザリー業務に加え、自己資金によるベンチャー投資を推進。

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業(マクロ経済政策、国際経済論)
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 CMA®、日本ファイナンス学会会員

コラムに関する質問・問い合わせ・弊社サービスに関するご相談は、以下にご連絡ください。
ignite.info@ignitepartners.jp


NEXT STORY

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅤ | 間違いだらけのコーポレートガバナンス(16)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅤ | 間違いだらけのコーポレートガバナンス(16)

2020-08-09

スペインに渡ったユダヤ教徒たちは、どのようにして経済的に自立し、定住したのか。そして、どのような経緯で、金融の発展に関わっていくことになるのか。今回から本題となるユダヤ教徒と企業金融(コーポレートファイナンス)の歴史について触れていきたい。