一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(26)

alt
香辛料を求めて航海プランを練ったコロンブスの真のスポンサーは…(写真はイメージ)

前回のコラムでは、コロンブスが初航海の途上でカトリック両王に送ったとされる書簡について触れた。そして、彼の航海には真のスポンサー「ルイス・デ・サンタンゲル」なる宮廷ユダヤ人がいたことに触れた。今回はまず彼の出自とその業務を確認しよう。

コロンブスの初航海における真のスポンサー

コロンブスの航海については様々な文献が存在する。しかし、その内容はどれも微妙に異なり一致を見ない。結局のところ、この航海の全体像について統一された歴史的事実認定があるとは言えない。本稿では特に断りのない限り、ジャック・アタリ氏の2つの著作「1492~西洋文明の世界支配(1994年初版)」および「ユダヤ人、世界と貨幣(2015年初版)」の2著を参照している。

アタリ氏は言わずと知れた知の巨人だ。ユダヤ系フランス人でもある。そして欧州復興開発銀行の初代総裁を務めた金融の専門家でもある。ここではコロンブスの航海をファイナンス面から考察する情報源として、アタリ氏の著作を基本とすることが現時点では適切と考えている。一方でアタリ氏の著作発表以降に判明した新事実などは反映されていない点をあらかじめご承知願いたい。

サンタンゲルは、祖父の代にユダヤ教徒からキリスト教徒に改宗した新キリスト教徒だ。祖父の名はアザリアス・キニーロ。15世紀の初めに改宗し、マジョルカの司祭になった。サンタンゲルはその孫だ。

サンタンゲルはアラゴン王フェルディナンドの寵愛を受ける。そして1481年にアラゴン家の徴税総監となる。ほどなくしてカスティージャの支払い総監にも任命された。徴税総監はいわば国税庁長官、支払い総監はいわば主計局長といったところか。王家の資金調達と運用の両面を担う超エリートの地位である。

西澤 龍 (にしざわ・りゅう)

IGNiTE CAPITAL PARTNERS株式会社 (イグナイトキャピタルパートナーズ株式会社)代表取締役/パートナー

投資ファンド運営会社において、不動産投資ファンド運営業務等を経て、GMDコーポレートファイナンス(現KPMG FAS)に参画。 M&Aアドバイザリー業務に従事。その後、JAFCO事業投資本部にて、マネジメントバイアウト(MBO)投資業務に従事。投資案件発掘活動、買収・売却や、投資先の株式公開支援に携わる。そののち、IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS 現在IBMに統合)に参画し、事業ポートフォリオ戦略立案、ベンチャー設立支援等、コーポレートファイナンス領域を中心にプロジェクトに参画。2013年にIGNiTE設立。ファイナンシャルアドバイザリー業務に加え、自己資金によるベンチャー投資を推進。

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業(マクロ経済政策、国際経済論)
公益社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員 CMA®、日本ファイナンス学会会員

コラムに関する質問・問い合わせ・弊社サービスに関するご相談は、以下にご連絡ください。
ignite.info@ignitepartners.jp


NEXT STORY

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(25)

一神教と疫病とコーポレートファイナンスⅨ│間違いだらけのコーポレートガバナンス(25)

2022-07-01

コロンブスの新大陸発見には「真のスポンサー」が存在した。既に幅広く研究されているコロンブスの航海そのものより、この航海のシードインベスターでありリードインベスターであった宮廷ユダヤ人と同航海における彼の資本政策に焦点を当てて考察してみよう。