あの「ホワイトハウスコックス」も!後継者不足が名門企業を殺す

alt

世界的な名門皮革加工品メーカーの英ホワイトハウスコックス(WHITEHOUSE COX)が、2022年末で生産を終了することが明らかになった。147年も続く老舗企業だが、同社マネージングディレクターのステファン・コックス氏に後継者がいないことから自主廃業を決めたという。最高品質の原材料のみを厳選し、手作業による天然の植物タンニンなめし加工を施した財布やベルトなどが、英国はもちろん日本はじめ世界中で人気を集めていた。

日本では60万社が後継者不足で「黒字廃業」危機

そんなグローバル老舗企業ですら、後継者不足で廃業を余儀なくされた。しかし、これは決して珍しい話ではない。中小企業庁によると、国内企業の60万社が黒字にもかかわらず、後継者不足で廃業の危機に直面しているという。

穴の直径が90ミクロン、外径が200ミクロン…蚊の針と同サイズの驚異的な細さを実現した「痛くない注射針」を開発し、「中小企業の星」となった岡野工業(東京都墨田区)も、後継者不足で2018年に廃業した。岡野雅行社長しか基幹技術を持たなかったため、社長引退後に同社を買収する企業は現れなかった。

琉球泡盛酒蔵所の千代泉酒造所(沖縄県宮古島市)も同年、後継者不足で廃業した。同社は2013年に経営者が死亡して以来、休業状態だった。親族や島内の酒造所で事業承継先を探したが見つからなかったという。社内のタンクに残っていた泡盛の購入先が決まったのを受けて廃業に踏み切っている。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。大川泰蔵・日本リンクス代表取締役は?

聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。大川泰蔵・日本リンクス代表取締役は?

2022-09-30

M&Aアドバイザリー会社のGCAに入社した際に購入した電卓(CASIOのMW-12A)を今でも使っています。もう14、5年になります。工学部出身で、ロボットやAI(人工知能)などをやっていたことから、当時はNTTでSEとして働いていました。