機能訓練型デイサービス「ステップぱーとなー」関連倒産が相次ぐ

alt
※画像はイメージです

~ステップぱーとなー関連の破産相次ぐ~

 介護サポートサービス(株)(TSR企業コード:017829399、法人番号:7010401124299、船橋市行田3-26-22、小田長竜太郎社長)と関連の4社は8月31日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には佐藤弘康弁護士(法律事務所Comm&Path、中央区銀座3-13-19)が選任された。
 負債総額は介護サポートサービスが債権者92名に対して2億4028万円、5社合計6億4592万円。
 介護サポートサービスほか4社は、機能訓練型デイサービス「ステップぱーとなー」の経営とFC事業を展開していた(株)ステップぱーとなー(TSR企業コード:300099150、法人番号:5012701011889、東京都台東区)の関連会社。5社ともに通所介護事業などを手掛けていた。
 ステップぱーとなーは、M&Aや福祉貸付資金の利用のほか、投資家からの資金調達などでグループの業容拡大を進めていた。しかし、「新型コロナウイルス」感染拡大による施設利用者数の減少で、介護報酬が落ち込み資金繰りがひっ迫。8月5日、東京地裁より破産開始決定を受けた。
 このため、関連会社(20社超)も同時に事業を停止して順次、破産手続きを進めることとなった。今回5社が破産開始決定を受け、ステップぱーとなー関連の倒産はこれまでに合計7社となった。

 介護サポートサービスと同時に破産開始決定を受けた4社は以下の通り。
SP東京サービス(株)(TSR企業コード:137634986、法人番号:8012701016233、船橋市行田3-26-22、小田長竜太郎社長、負債総額3914万円)
SPアサヒケア(株)(TSR企業コード:134038410、法人番号:4020001135418、神奈川県横浜市旭区白根6-37-9、同社長、負債総額2億4038万円)
(株)あいむほうむ(TSR企業コード:033886032、法人番号:7122001022442、大阪府八尾市山本町南1-10-23、同社長、負債総額4226万円)
(有)オレンジリーフ(TSR企業コード:322094879、法人番号:8040002016297、千葉市若葉区加曽利町964-21、同社長、負債総額8386万円)

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

赤字体質からの脱却を目指す「小僧寿し」3年で売り上げ2倍に

2020-01-07

小僧寿しが介護施設の運営を手がける子会社を売却することになった。低迷する業績を改善するため主力の「持ち帰り寿司事業」と「デリバリー事業」に経営資源を集中するためだ。