廃業のニュース記事一覧

廃業で姿消す「サクマ式ドロップス」が復活するかもしれない理由

廃業で姿消す「サクマ式ドロップス」が復活するかもしれない理由

また一つ、日本の老舗企業が姿を消す。赤色の缶入りドロップ「サクマ式ドロップス」を製造販売する佐久間製菓が来年1月に廃業するとことが明らかになった。長い歴史を持つ「サクマ式ドロップス」が消えるのは残念だが、実は復活する可能性もゼロではない。

記事を読む
あの「ホワイトハウスコックス」も!後継者不足が名門企業を殺す

あの「ホワイトハウスコックス」も!後継者不足が名門企業を殺す

世界的な名門皮革加工品メーカーの英ホワイトハウスコックスが、2022年末で生産を終了することが明らかになった。147年も続く老舗企業だが、同社マネージングディレクターのステファン・コックス氏に後継者がいないことから、自主廃業を決めたという。

記事を読む
「知床事故」「安全規制」「終わらぬコロナ」で遊覧船が大ピンチ

「知床事故」「安全規制」「終わらぬコロナ」で遊覧船が大ピンチ

ようやく春が訪れた北海道で、悲惨な水難事故が起こった。4月26日に遊覧船「KAZU I」が知床半島のカシュニの滝沖で沈没、船長・甲板員と子供2人を含む乗客24人の合計26人が遭難したのだ。この事故が全国の遊覧船事業に深刻な影響を与えそうだ。

記事を読む
新訂版 会社のたたみ方|編集部おすすめの1冊

新訂版 会社のたたみ方|編集部おすすめの1冊

登山中に「これはマズい!」と思ったら、すぐに山を降りるのが鉄則だという。企業経営も同じかもしれない。早い段階で経営から「降りる」決断ができれば、取引先や従業員、そして経営者自身や家族にとっても「どん底」に堕ちるリスクを最小限に抑えられる。

記事を読む
「喫茶店」の休業廃業、2021年は過去最多

「喫茶店」の休業廃業、2021年は過去最多

2021年の「喫茶店」の休廃業・解散が初めて100件に達し、過去最多を記録したことが東京商工リサーチの調査でわかった。

記事を読む
「後継者不在、M&Aもうまくいかないときに」|編集部おすすめの1冊

「後継者不在、M&Aもうまくいかないときに」|編集部おすすめの1冊

国は後継者不在の中小企業を対象に事業承継がスムーズに進むよう、優遇税制や補助金制度などを設け、事業承継を後押ししているが、すべての企業で事業承継がうまく進むとは限らない。そんな企業に対する解決策を示しているのが本書だ。

記事を読む
政府は事業承継をいかに支援するか?奈須野中小企業庁次長に聞く

政府は事業承継をいかに支援するか?奈須野中小企業庁次長に聞く

国内で中小企業の廃業が相次いでいる。さらに新型コロナウイルス感染症の拡大が廃業を加速。大量廃業を食い止めるには「事業承継」しかない。政府も大廃業時代の到来に危機感を持っている。中小企業庁のナンバー2・奈須野太次長に事業承継の支援策を聞いた。

記事を読む
観る者の心に切なさと温かな余韻をもたらす『ホテルローヤル』

観る者の心に切なさと温かな余韻をもたらす『ホテルローヤル』

北海道・釧路湿原のラブホテルを舞台に、ホテルの盛衰と経営者一家や従業員、訪れた客たちの悲喜こもごもの人生を描く。累計発行部数100万部のベストセラー小説『ホテルローヤル』が映画化された。

記事を読む
【中小企業のM&A】​「廃業」支援…する?しない?

【中小企業のM&A】​「廃業」支援…する?しない?

経営者の高齢化のみならず、コロナによる業績不振も相まって将来展望も明るくない、しかも第三者へ売却しようにも借金が多すぎる、など中小企業経営者を悩ますケースが頻発している昨今。「廃業」も選択肢の一つになり得る。

記事を読む
緊急事態宣言の延長で次々と!「コロナ倒産爆発」を防ぐ方法とは

緊急事態宣言の延長で次々と!「コロナ倒産爆発」を防ぐ方法とは

ゴールデンウィーク明けの2020年5月7・8の両日、政府の緊急事態宣言延長を受けて新型コロナウイルス感染症関連倒産が相次いだ。宣言が延長され、事業継続が困難と判断した。政府による持続化給付金も焼け石に水。どうすれば「倒産爆発」を防げるのか?

記事を読む
コロナ宣言延長で「心が折れる」倒産続出? 注目の連休明け初日

コロナ宣言延長で「心が折れる」倒産続出? 注目の連休明け初日

2020年5月4日、安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症が終息状況にないとして、6日に期限を迎える「緊急事態宣言」を31日まで延長すると発表した。ゴールデンウィーク明けに「コロナ倒産」が続出するとの観測も取りざたされる。

記事を読む
第三者に事業を託せる「M&Aによる事業承継」 

第三者に事業を託せる「M&Aによる事業承継」 

事業承継には、子供などへ引き継がせる「親族内承継」や従業員に引き継いでもらう「​親族外承継​」があります。そして近年注目されている承継方法に、「M&Aによる事業承継」があります。

記事を読む
苦楽を共にした従業員へ引き継いでもらう「親族外承継」

苦楽を共にした従業員へ引き継いでもらう「親族外承継」

中小規模の会社や飲食店など店舗経営者が事業承継をする場合、経営者の子供などの親族へ引き継がせる「親族内承継」がありますが、それが難しい場合、「従業員への親族外承継」という方法があります。

記事を読む
古くから行われてきた「親族内承継」

古くから行われてきた「親族内承継」

昔から日本では、会社や飲食店などを、親から子供へと引き継ぐ「親族内承継」が行われてきました。中小企業や小規模事業では、経営者とその家族を中心に会社や家業が営まれてきました。

記事を読む
ブラジル・中南米専門旅行会社のウニベルツールが事業停止

ブラジル・中南米専門旅行会社のウニベルツールが事業停止

中南米旅行業者のウニベルツールが7月19日、全業務を停止した。負債総額は調査中。

記事を読む
5年ぶりの倒産増「瀕死」のガソリンスタンドを救う方法とは?

5年ぶりの倒産増「瀕死」のガソリンスタンドを救う方法とは?

ひっそりと姿を消すガソリンスタンド。東京商工リサーチによると、2018年1-12月のガソリンスタンド倒産は前年の28件から35件に増え、5年ぶりに前年を上回った。廃業も多く、地方では生活インフラであるガソリンスタンド不足が深刻になっている。

記事を読む
M&A指南 六つの大切なこと(6)社長候補がいない!

M&A指南 六つの大切なこと(6)社長候補がいない!

長年、独自の技術や手法を世に問うてきた会社が、後継者がいないという理由で廃業してしまうのはあまりにも惜しいですし、国家の損失でもあります。廃業の前に、どんなに確率が低くても、いろいろなカタチのM&Aを模索して下さい。

記事を読む
「さようなら!私たちは御社を忘れない」惜しい廃業3選

「さようなら!私たちは御社を忘れない」惜しい廃業3選

日本の中小企業で廃業が相次いでいる。経営に行き詰まった企業が「退場」するのなら、それも市場原理で止むを得ない話。だが、黒字にもかかわらず後継者不在や業界の構造変化で廃業を選択せざるを得ないケースも目立つ。最近の「惜しい」廃業を3社紹介する

記事を読む
【悲報】銘酒が消える・・・東京23区内で最古の酒蔵・小山酒造が廃業へ

【悲報】銘酒が消える・・・東京23区内で最古の酒蔵・小山酒造が廃業へ

東京23区内で唯一残っていた小山酒造が廃業する。創業は1878年(明治11年)。北区岩淵の湧き水を利用して以来、この地で140年の長きにわたり酒造りを続けてきた。銘柄「丸眞正宗(まるしんまさむね)」は、今でも根強い人気を博している。

記事を読む
【お悩み】工場を畳まず、売るメリットは?

【お悩み】工場を畳まず、売るメリットは?

工場を経営しているが高齢となり後継者もいない。事業をM&Aで他の企業に譲渡するべきか、廃業するべきか?

記事を読む
M&Aによる事業承継のメリットを専門家が解説します

M&Aによる事業承継のメリットを専門家が解説します

オーナーの引退の選択肢は、身内も含めた社内承継、上場、廃業、M&Aのいずれかになるが、現実にはM&Aしかない場合も多い。それはなぜだろうか?

記事を読む