語学関連の老舗出版社「第三書房」が倒産

alt

~ドイツ語やフランス語など語学関連の老舗出版社~

(有)第三書房(TSR企業コード:291345328、法人番号:2011102007599、新宿区山吹町363、設立1949(昭和24)年3月、資本金600万円、藤井嘉明社長)は6月30日、事業を停止し、破産申請を渡邉敦子弁護士(渡邉綜合法律事務所、千代田区有楽町1-9-4、電話03-6867-8004)に一任した。
 負債総額は1億3269万円(2021年11月期決算時点)。

フランス語、ドイツ語、スペイン語などの語学関連書籍の出版会社。ピーク時の1994年11月期には売上高約1億9500万円をあげていた。
 しかし以降は、出版不況や書籍の電子化などで事業環境の悪化が続き、2021年11月期の売上高は3871万円に減少。外国語の音声ダウンロードサービスなどを実施していたが、先行きの見通しも厳しく2022年6月6日、債務整理に入っていた。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【2018年8月M&Aサマリー】買収72件は今年最多、100億円超も8件と突出

【2018年8月M&Aサマリー】買収72件は今年最多、100億円超も8件と突出

2018/09/07

東証「適時開示」ベースで、2018年8月の買収件数は72件(7月54件)と、5月の64 件を上回り、今年の月間最高となった。このうち、海外企業を対象とする買収は19件、買収金額10億円超は25件あり、いずれも今年最多。なかでも100億円超の大型案件は1~7月で合計26件だったが、8月だけで8件に上り、集中ぶりが目立った。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5