そうか、あの会社も消えたのか…2022年の「沁(し)みる倒産」3選

alt
負債総額の大きさとは関係なく心に沁みる倒産がある(写真はイメージ)

2022年も数々の企業が、ひっそりと「退場」している。6月には自動車部品大手のマレリホールディングスが1兆1330億円もの負債を抱えて民事再生法(簡易再生)を申請し、事実上倒産するなど大型倒産もあった。ただ、記憶に残るのは負債が大きい倒産だけではない。「あの企業も倒産したのか…」と、心に沁(し)みる今年の倒産3件を紹介する。

高級パン「ベルベ」の突然死と復活の光

「えっ?あのベルベが倒産したの!」と驚いた人も多かっただろう。東京都心の大手町やお台場など首都圏で「パン工房ベルベ」「ブーランジェリーベルベ」など28店舗を構え、積極出店を続けていたベルベ(神奈川県大和市)が2月8日までに横浜地方裁判所へ自己破産を申請して倒産した。

1973年の創業以来、「手作り製法にこだわり妥協しない」をモットーに、工場からの配送ではなく「1店舗1工房」で手間暇かけたパンづくりで人気を集めていた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が始まった2020年6月期の売上高が過去最高の約25億6000万円を記録するなど、盤石な経営体制に見えたベルベ。

だが、内情は「火の車」だったようだ。コロナ禍の長期化に伴う臨時休業や原材料価格の高騰、人件費負担増などで、積極展開が裏目に出て資金繰りが逼迫(ひっぱく)。2021年10月下旬に借入金の返済遅延や取引先に対する支払遅延が明らかになった。しかも民事再生の準備を進めようとしていた社長が書き置きを残して失踪し、2021年11月8日付で事業停止に追い込まれる。

救いは「ベルベファン」。ベルベのパン職人たちが再集結し、同じ製法でおいしいパンを復活。2022年1月に「REBELLBE(リベルベ)」の1号店を神奈川県伊勢原市​でオープンした。かつてのベルベファンがリベルべの店舗に足を運び、横浜市や東京・豊洲に出店するなど復活の狼煙(のろし)を上げている。真面目な製品づくりをしていれば、たとえ倒産しても復活できる。そんな希望を抱かせる倒産と再生だった。

ベルベのパン職人たちが立ち上げた「リベルべ」
倒産したベルベのパン職人たちが立ち上げた「リベルべ」(同社ホームページより)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

地場スーパーの倒産が急増 コロナ関連融資の返済でさらに多発か

地場スーパーの倒産が急増 コロナ関連融資の返済でさらに多発か

2022-12-29

地場スーパーの倒産が急増している。東京商工リサーチによると2022年は1-11月に22件の倒産があり、2021年の年間件数(11件)の2倍に達している。