多忙なサラリーマン諸兄にとって悩みの種の一つが日ごろの運動不足。年齢とともに腹回りも“立派”になってきたに違いない。そんなミドルにおススメなのがスポーツクラブ。休日といわず、勤め帰りに立ち寄り、汗を流せる。

マシンジム、プールに比べ、男性に敷居が高いとされるのがエアロビクスや格闘技系などのグループレッスンが行われるスタジオ。だが、勇気を出してスタジオデビューを果たせば、スポーツクラブの楽しみがぐんと増す。

最近は24時間営業のマシン特化型店舗も急速に増えているが、今回はマシンジム、スタジオ、プールを備えた総合型スポーツクラブを展開する大手3社にスポットをあてる。

創業50年を迎えたセントラルスポーツ

スポーツクラブ業界の草分けとされるのがセントラルスポーツ<4801>だ。1969年に創業し、今年50周年を迎えた。元水泳選手で、前回の東京五輪(1964年)代表だった後藤忠治氏(現会長)らが立ち上げた。東京都内にスイミングスクールを開校したのが始まりで、80年代から総合的なスポーツクラブを本格的に展開した。

この80年代、追い風となったのが米国から導入されたエアロビクス(ダンス形式の有酸素運動)の一大ブーム。日本でスポーツクラブが急増し始め、セントラルも多店舗化を推し進めた。今年3月末で26都道府県に172店舗(ほかに受託59店舗)を展開し、店舗数は業界2位。

最近は中核ブランド「セントラルスポーツ」のほか、マシンジムに特化した小型店「ジムスタ」や24時間営業店を増やしている。昨年12月には東京・丸の内のビジネス街に新業態「ジム&ラン」をオープン。皇居へ気軽に走りに行ける好立地にあり、ランニングステーションとして利用してもらおうというねらいだ。

ライバル他社のクラブ会員にも人気があるのが同社の株主優待券。1枚の優待券で2人まで施設を利用できるのは業界でも同社だけ(他社は1枚で1人)。金券ショップでも売られているので、施設を体験してみたい場合に重宝する。

コナミスポーツ、国内トップを走る

コナミスポーツは最大手として、直営182店舗、受託200店舗(3月末)を展開する。総合エンタテインメント企業のコナミホールディングス<9766>の中核子会社の一つで、M&Aを繰り返して今日の地歩を築いている。

「コナミスポーツクラブ」としての歴史は意外に新しく、20年足らず。2001年に当時のマイカル(後にイオングループに吸収される)からスポーツクラブ子会社(ピープル)を買収したのが起点で、以後、急ピッチで戦線を拡大した。ダイエー、日本生命保険、阪急電鉄、東京電力などからスポーツクラブ事業を次々に買収した。

コナミスポーツの売り物の一つはスタジオ向けの自社開発プログラム。筋力系「コアクロス」「パワークロス」、インターバルトレーニング「カーディオクロス」、調整系「骨盤フレックス」などがあり、いずれも自分のペースや強度に合わせて短時間で運動できる。2008年には府中店(東京都)などで大人向け卓球スクールを開講し、好評を得ている。

ただ、全般的にシニア層向けのプログラムが充実する半面、伝統的なエアロビクス・ステップのレッスンが近年ぐっと減っている。もっとも、エアロ系の“地盤沈下”は大手3社に共通するが、なかでもコナミではその傾向が顕著とされる。

ちなみに、コナミの施設を利用できる株主優待券はない。