入社、転勤、転職などで新生活が始まって1カ月、そろそろ心配になるのが「五月病」だ。五月病を防ぐには気分転換してストレスをためないのが一番。最も効果がありそうなのが温泉だ。日本人はもとより、最近では海外から日本の温泉を訪れる観光客も多い。そこで編集部が気分転換やストレス発散に効能がある温泉を3つ選んだ。いずれも日帰り入浴が可能なので、ゴールデンウィークにちょっと足をのばしてみてはいかがだろうか。

1、買収王の「夢の跡」をしのぶ 奥道後 壱湯の守(松山・奥道後温泉)

奥道後温泉
西日本最大級の源泉かけ流し露天風呂(同温泉ホームページより)

松山の温泉といえば、夏目漱石の小説「坊つちやん」にも登場する道後温泉本館。東京から中学教師として松山に赴任した主人公が「ほかの所は何を見ても東京の足元にも及およばないが温泉だけは立派なものだ」と評価するだけあって、観光客は引きも切らない。さて、道後温泉を楽しんだら、奥道後温泉にも足を伸ばしたい。

奥道後温泉は、造船所や新聞社など業績が悪化した企業を次々と買収してよみがえらせた「再建王」の坪内寿夫氏が開発した新興温泉地。広大なジャングル温泉やホテル、娯楽施設、ロープウエー(現在は運休中)などを整備し、大いに賑わった。四国では珍しい良質の硫黄泉。湧出量は毎分400リットルと豊富なので、浴槽は全て源泉掛け流しだ。

奥道後温泉に野球場を建設して四国初のプロ野球球団を創設する構想もあり、当時の南海や近鉄が坪内氏に球団買収を持ちかけていたという。1980年代半ばの造船不況で坪内グループの主力事業だった造船所の経営が傾くと、球団構想は立ち消えになった。奥道後温泉は再建王の「夢の跡」でもある。

昭和の面影を残していたジャングル風呂は撤去され、現在では西日本最大級の大露天風呂にリニューアルされている。もちろん泉質はそのままだ。道後温泉はすべて屋内浴場だが、奥道後温泉は露天風呂が中心。松山を流れる石手川上流の谷あいに広がる豊かな自然に囲まれ、リラックスできること請け合いだ。地元では「道後温泉よりも泉質がよい」とも評価されている。

奥道後温泉(夜景)
夜の奥道後温泉。背景に運休中のロープウエーが見える(同温泉ホームページより)

アクセスは伊予鉄バスで松山空港から約1時間、JR松山駅から約40分。道後温泉本館経由の場合は徒歩5分の子規記念館前バス停からせとうちバスで約9分、奥道後バス停下車。ホテル宿泊者は道後温泉駅から無料送迎バスが利用できる。

【泉 質】アルカリ性単純硫黄泉
【効 能】神経痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、慢性婦人病、糖尿病、高血圧症など