ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

市場価値 (相場) に着目する企業評価方法 ~類似会社比準法~

alt

以下に具体的数値例を使用して、倍率法による企業価値評価の例を計算してみます。

類似会社比準法による計算例

評価対象会社及び類似会社の財務数値・財務指標が以下のとおりであったとする。

ステップ1 類似会社の諸倍率を計算する。

ステップ2 ステップ1で求めた諸倍率を基に株式価値を計算する。

この会社の企業価値 (株式価値) は16億9200万円と算定されました。これが理論的には「相場」ということになりますが、類似会社に比べて規模が小さい会社は、企業規模ディスカウントと称して、M&Aの現場では通常、この算定結果から1~3割程度ディスカウントされます。

文:株式会社ストライク まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第3回)

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第3回)

2015/12/18

M&Aでは企業価値評価が鍵になるが、日本企業の大多数を占める中小企業の評価はどのようにするのか。企業再生やM&A案件で豊富な経験を持つ、髙野総合会計事務所の小宮孝之氏に聞いた。​(最終回)

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5