ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「いきなり!ステーキ」運営のペッパーFS、米国子会社が倒産

alt
※画像はイメージです

公開日付:2020.07.03

新型コロナの影響で売上が減少、営業再開の目途立たず

 「いきなり!ステーキ」などを展開する(株)ペッパーフードサービス(TSR企業コード: 292855524、墨田区、東証1部、ペッパーFS)は、連結子会社のKuni’s Corporation(本社米国、以下KC社)が、米国連邦倒産法第7章(日本の破産法に該当)に基づく破産を申請したことを7月3日、発表した。

 負債総額は約3000万ドル(予定、日本円約32億円)。

  KC社は、米国で「いきなり!ステーキ」を2018年までに11店舗展開していた。その後、業績不振のため7店舗を閉鎖し、残る4店舗はペッパーランチ事業に業態転換を進めていた。だが、新型コロナの影響で売上が減少し、3月18日から全店休業していたが、営業再開の目途が立たず、損失解消の見通しも立たないため、破産を選択した。 

 ペッパーFSは、今後の見通しを「約30億円の債権をKC社に対して有しているが、すでに2019年12月期以前の業績に反映済みで、現時点において重要な損失の追加計上は見込まれていない」としている。 

 同日、ペッパーFSは114店舗(予定)の閉店を決議したことを発表した。同時に、約200名の希望退職者の募集を7月6日から開始する。また、2020年12月期第1四半期の決算発表日を7月31日(金)とし、同時に第2四半期も発表する予定。

 ペッパーFSが、分離した(株)JP(本社・墨田区)の手がけるペッパーランチ事業の譲渡価格は85億円だが、一定の売上高目標を達成することを条件として最大102億円に増額し、J-STAR(株)(TSR企業コード:296639117、千代田区)の関連会社に事業譲渡する。ペッパーFSは、「(事業譲渡で)財務内容は大幅な改善が可能となる見通し。資金繰りについても、当面の間、問題なく対応が完了」としている。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

新型コロナの感染拡大で「すたみな太郎」や「いきなり!ステーキ」が苦境に

新型コロナの感染拡大で「すたみな太郎」や「いきなり!ステーキ」が苦境に

2020/03/27

新型コロナウイルスの感染拡大で飲食関連事業者が倒産や閉店などに追い込まれている。 新型コロナウイルスの終息までにはまだしばらく時間がかかりそうなため、飲食関連事業者の苦境は続きそうだ。