青森・津軽最古の酒蔵「竹浪酒造店」が破産

alt
※画像はイメージです

~青森「最古」の老舗企業~

(有)竹浪酒造店(TSR企業コード:180135341、法人番号:8420002011524、北津軽郡板柳町板柳土井113-1、設立1953(昭和28)年12月、資本金1320万円、竹浪司社長)は3月16日、青森地裁五所川原支部より破産開始決定を受けた。破産管財人には三上和秀弁護士(葵法律事務所、弘前市下白銀町15-7、電話0172-31-0251)が選任された。
 負債は現在調査中。

 正保年間(江戸前期)創業で、現代表で16代目となる老舗の清酒メーカー。「岩木正宗」や「七郎兵衛」など純米酒の製造を主体とした酒蔵で、平成初期には約1億円の年間売上高をあげていた。しかし、同業他社との競合激化、さらには消費者嗜好の変化により減収基調を余儀なくされ、資金繰りは逼迫。2019年9月期の売上高は約3000万円にとどまり、支払遅延も表面化。債権者より破産を申し立てられ、今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

青森と弘前 鎬を削る街と銀行|ご当地銀行の合従連衡史

青森と弘前 鎬を削る街と銀行|ご当地銀行の合従連衡史

2018/08/15

“ご当地銀行”の合従連衡史の3回目は、青森。青森にはみちのく銀行と青森銀行の2つの有力地銀があるが、行員数、支店数などで、ほぼ互角の両銀行の歴史をたどっていくと、県内の主要都市である青森市と弘前市の“せめぎ合い”の歴史が感じられる。