ニュース制作会社のジン・ネットが破産 TBS「報道特集」など制作

alt
※画像はイメージです

~社会派ノンフィクション番組を多数制作~

(株)ジン・ネット(TSR企業コード:297654705、法人番号:4010001137068、千代田区神田小川町1-8、設立1998(平成10)年12月、資本金1000万円、高世仁社長)は6月10日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には冨田拓弁護士(一橋綜合法律事務所、千代田区神田錦町3-3、電話03-3291-0140)が選任された。
 負債は現在調査中。

ジン・ネットの本社が入居していたビル
ジン・ネットの本社が入居していたビル(2月撮影)東京商工リサーチ

 北朝鮮日本人拉致事件やイラク戦争、シリア内戦などの国際問題のほか、不登校や非正規雇用など国内の調査報道で定評があった。TBS「報道特集」、テレビ朝日「サンデープロジェクト」、日本テレビ「NNNドキュメント」、テレビ東京「ガイアの夜明け」など国内テレビ各局で放送する報道、ノンフィクション番組などで豊富な制作実績を有していた。
 しかし、テレビ番組の制作環境の変化等に伴い、業績は伸び悩んでいた。近年は売上高約1億円で推移し、2019年以降も香港民主化デモの現地取材等、積極的に事業を展開していたものの、業況の改善も見込めず2020年2月末で事業を停止、今回の措置となった。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

新型コロナで「少年ジャンプ」発売延期、新聞・テレビは大丈夫か

新型コロナで「少年ジャンプ」発売延期、新聞・テレビは大丈夫か

2020/04/11

新型コロナウイルス感染症の拡大が、ついにマスメディアの「営業停止」を引き起こした。4月8日、集英社が発行部数160万部と業界最大手の少年向けコミック誌「週刊少年ジャンプ」の発売を1週間延期すると発表したのだ。新聞やテレビ局は大丈夫なのか?