ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

東京ミネルヴァ法律事務所が破産 負債総額は52億円

alt
※画像はイメージです

~CMの大量放映などで知られる~

 弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所(TSR企業コード:294600604、法人番号:2010005018984、港区新橋2-12-17、設立2012(平成24)年4月5日、清算人:川島浩弁護士)は6月24日、債権者から東京地裁に破産を申し立てられ、同日、破産開始決定を受けた。破産管財人には岩崎晃弁護士(岩崎・本山法律事務所、中央区八丁堀4-1-3、電話03-6222-7231)が選任された。
 負債総額は52億円(2019年3月期決算時点)だが、大半が預り金と未払金で占めており、変動する可能性がある。

東京ミネルヴァ法律事務所が入居しているビル ©東京商工リサーチ

 債務整理のほか、過払金返還請求、B型肝炎関連などを手がけていた弁護士事務所。複数の弁護士が所属し、過払金返還請求・借金問題の出張無料相談会を開催することで実績を重ねていた。急激に規模を拡大していたが、連絡が取りづらいなど相談が弁護士会に寄せられるなか、2020年6月10日、総社員の同意により解散していた。会費未納により、第一東京弁護士会が破産を申し立て、今回の措置となった。
 第一東京弁護士会は、東京ミネルヴァ法律事務所対応のため臨時電話窓口を開設している。電話は03-3595-8508(平日のの午前10時から午後4時まで)。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

村岡法律事務所が破産開始決定

村岡法律事務所が破産開始決定

2018/11/29

弁護士法人村岡法律事務所(港区虎ノ門)が21日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には東京丸の内法律事務所の幸村俊哉弁護士が選任された。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5