英「ローラ・アシュレイ」が破たん、関連先の動向は

公開日付:2020.03.18

 英国の生活雑貨・衣料ブランドのローラ・アシュレイ(Laura Ashley)が3月17日、経営破たんした。現地通信社の報道によると、「新型コロナウイルス」の感染拡大が影響したほか、大株主である投資会社・MUI Asiaからの資金援助が期日までに受けられなかった。日本国内でライセンス権を取得している伊藤忠商事(株)(TSR企業コード: 570013178)は東京商工リサーチ(TSR)の取材に対し、「現時点で報道以上の情報は入っていない。今後、影響を精査する」とコメントした。
 ローラ・アシュレイは1950年代、キッチンテーブル向けのテキスタイルメーカーとして創業。若いカップルなどの支持を受けて人気に火が付き、日本国内では1986年からイオングループの連結子会社ローラアシュレイジャパン(株)(TSR企業コード: 292422652)が販売してきた。しかし、販売低迷などを背景に、2018年秋のライセンス契約終了をもって事業から撤退。これに先立つ2018年8月、ローラ・アシュレイブランドのOEMを手掛けていた東京・中央区の婦人服企画販売会社が破産開始決定を受けている。 関係者などによると、破産した会社は売上の約4割をローラ・アシュレイに頼っていたため、ブランドの日本撤退で先行きが見通せなくなり事業を停止したという。
 イオンとの契約終了後、現在のメインライセンシーの伊藤忠商事がライセンス権を取得し、寝具やタオルなどを販売している。2020年3月現在、国内にローラ・アシュレイの直営店舗はないが、アパレル大手の(株)ワールド(TSR企業コード: 662058453)が2020年8月をめどに運営店舗を出店する予定だった。ワールドはTSRの取材に、「現時点では店舗は予定通り出店する方針」と話している。

東京商工リサーチ「データを読む」より