衆院選は自民党ではなく「宏池会」の勝利、経済対策に期待広がる

alt

「良くて20議席減、下手をすると40議席以上減らして自民党の単独過半数割れ」とまで言われた10月31日投開票の衆院選だったが、ふたを開けてみると自民党が衆院の常任委員会の委員長ポストを独占し、各委員会で過半数の委員を確保できる絶対安定多数の261議席をギリギリながら単独で確保した。これは自民党ではなく、岸田文雄首相が率いる宏池会の勝利だ。

自民党内で宏池会の影響力が向上

最初に断っておくが、「宏池会の勝利」とは「宏池会だから選挙に勝った」とか「宏池会が議席を増やした」という意味ではない。選挙の結果、自民党内のパワーバランスで宏池会の影響力が大幅に増したということだ。

宏池会は改選前から5議席減らした41議席で、同じく10議席減らして37議席にとどまった二階俊博前幹事長が率いる志帥会を抜いて党内4位の派閥となった。とはいえ、最大派閥で安倍晋三元首相が所属する清和政策研究会(細田派)の半分にも達していない。

開票終了時の自民党の派閥情勢

正式名称 派閥名 議席数 改選前議席数 議席数増減 議席シェア 改選前議席シェア シェア増減
清和政策研究会 細田派 89 97 -8 34.1% 35.1% -1.0%
志公会 麻生派 48 53 -5 18.4% 19.2% -0.8%
平成研究会 旧竹下派 46 54 -8 17.6% 19.6% -1.9%
宏池会 岸田派 41 46 -5 15.7% 16.7% -1.0%
志帥会 二階派 37 47 -10 14.2% 17.0% -2.9%
水月会 石破派 13 16 -3 5.0% 5.8% -0.8%
近未来政治研究会 石原派 6 10 -4 2.3% 3.6% -1.3%
自民党獲得議席数 261 276 -15

NEXT STORY

トヨタの豊田章男社長、衆院選投票前日に自民党を激しく「牽制」

トヨタの豊田章男社長、衆院選投票前日に自民党を激しく「牽制」

2021/10/31

「絶対にそうはさせない」。衆院選投票日前日の10月30日、トヨタの豊田章男社長は語気を強め、政府・自民党を激しく牽制した。豊田社長は「カーボンニュートラル」政策に強い懸念を表明し、「日本のものづくりと自動車産業を守り抜く」との決意を語った。