追い詰められた菅政権、残る選択肢は「パラリンピック中止」か?

alt

4度目の緊急事態宣言が出されたにもかかわらず、2021年7月28日には東京都の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)新規感染者が過去最高の3000人を超えた。東京オリンピックとの因果関係も取り沙汰され、開催を強行した菅義偉政権への風当たりは強まる一方だ。「起死回生」の妙手はあるか?

厳しい五輪とコロナの「安心・安全」の両立

外部との接触を一切断つことでコロナ感染を防ぐ「バブル方式」で守られているはずの五輪選手村でも感染者が出ている。7月27日には選手村で選手2人を含む関係者7人の感染が確認。五輪関連の新型コロナ感染者は累計で155人となった。

選手村には「発熱外来」を設けており、ここで陽性が確定した場合は大会組織委員会が用意した宿泊療養施設や病院へ入る。TBSによると4月の時点で都内10カ所、都外20カ所の病院と五輪関係者の入院に向けて交渉を進めていたというが、詳細は不明だ。

7月17日にナイジェリア選手団関係者の感染が判明して都内の医療機関に入院したことは明らかになっているが、現時点で五輪関係者の入院者数は発表されていない。

コロナ第5波の襲来で五輪開催都市・東京の医療は逼迫(写真はイメージ)

東京五輪は国際オリンピック委員会(IOC)の強い反対があって、政府や東京都が中止を決断できなかったようだ。朝日新聞によると開会式の簡素化ですらIOCは多額の放映権料を負担する米テレビ局との契約をたてに「違約金が払えるのか」と突っぱねたという。

NEXT STORY

五輪イヤー、企業買収との相関は?

五輪イヤー、企業買収との相関は?

2021/07/27

東京2020オリンピックが幕を開けた。コロナ禍で1年延期され、大半の競技会場が無観客となるなど異例の五輪となったが、過去、五輪とM&Aの関係はどうなのだろうか。2000年以降の五輪イヤー(夏季大会)に起きた主なM&Aにフォーカスしてみると。