新型コロナ感染、実は「年内に第6波が来ない」が最も危ない

alt
新規感染者の激減でワクチン接種会場も閑古鳥(写真はイメージ)

過去最大の感染爆発を起こした新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第5波が急速に収束している。専門家も「なぜ、ここまで急速に減少したのか分からない」と首をひねる。日本はこのまま平穏な年越しを迎えられるのだろうか?仮にそうなったとしたら、実は最も恐ろしい事態を招くかも知れない。

最も怖いのは年明けからの感染爆発

2021年10月24日の東京都での新規感染者は19人。1日当たりの感染者数としては今年最少で、20人を下回るのは昨年6月17日の16人以来だ。1週間前の日曜日よりも21人減り、24日までの1週間平均は31.3人で前週の51.8%とほぼ半減した。

東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県では、飲食店の営業時間短縮や酒類の提供禁止といった感染防止要請を25日から解除する。これにより沖縄県を除くほぼ全国でコロナ規制が撤廃され、生活や経済はほぼ平時体制に戻ることになった。

これから1〜2週間後に感染者が急増すれば、規制が復活することになる。日本経済は再び打撃を受けることになる。だが、本当に深刻なのは、コロナ規制を緩和して人流が増えたにもかかわらず、感染拡大が起こらなかった場合だろう。もちろん、そのまま感染者が増えることなく終息すればベストな結末である。

しかし、年末までは無事で、年明けから来春にかけて感染が再拡大するようなことがあれば、第5波を超える感染爆発と死亡者の急増が想定される。なぜか?

規制緩和後に年末まで感染拡大が起こらなければ、社会全体に「もうコロナ禍は終息した」との認識が広がるだろう。そうなると3回目のワクチン接種、いわゆる「ブースター接種」を受ける人が激減する可能性がある。

とりわけ、ブースター接種が必要とされる高齢者が「わざわざ3回目の接種を受ける必要はないだろう」と考えるようになりそうだ。気温が低下して出歩くのも億劫になるし、かつての接種で副反応が出た人が「感染拡大も収まっているのに。わざわざ辛い思いをしてまで3度目のワクチン接種を受ける必要はない」と考えても不思議はない。

NEXT STORY

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?

新型コロナの「国産ワクチン」一番乗りはどこ?

2021/10/26

KMバイオロジクスが、塩野義製薬から2日遅れの10月22日に新型コロナワクチンの第2/3相臨床試験を始めた。第一三共も11月に第2/3相臨床試験を始める。国産ワクチン一番乗りはどこだろうか?