ワクチンは「決定打」にならずーコロナといかに向き合うべきか?

alt
ワクチン接種で新型コロナを抑え込むのは難しい?(写真はイメージ)

「ワクチンは決め手にならない」- 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の「決め手」と考えられていたワクチン接種が世界中で進み、気になる知見が明らかになりつつある。それは2度目のワクチン接種を完了した人も新型コロナに罹(かか)る「ブレイクスルー感染」だ。これが広がれば、世界のコロナ対策は「ふりだし」に戻るおそれがある。

「集団免疫」が成立しない?

NHKは国立感染症研究所による調査によると、2021年4月から6月までの3か月間に67人でブレークスルー感染が確認されたと伝えている。このうち14例でウイルス遺伝子の解析に成功し、うち12例が「アルファ株」で残る2例が「デルタ株」だったという。

日本経済新聞によると、デルタ株の流行拡大が見られるカリフォルニア州ロサンゼルス郡では新規感染者のうち2割が、すでに2回のワクチン接種を済ませていたという。日本でもデルタ株感染が急拡大しており、今後ブレークスルー感染が増加する可能性が高い。

各国政府はワクチン接種が人口の6〜7割に達して「集団免疫」を獲得すれば、新型コロナの感染拡大は止まるという前提で対策を進めてきた。しかし、ブレークスルー感染が確認されたことで、新型コロナ対策を根底から見直す必要に迫られそうだ。

ブレークスルー感染が拡大すると、集団免疫は成立しない。集団免疫は「免疫を獲得すれば、その感染症に再び罹(かか)ることはない」のが前提だ。免疫を獲得しても再び感染してウイルスを撒き散らすとしたら、全員が免疫を持っていないのと同じだ。

NEXT STORY

【希望退職者募集】7月は「焼酎」のオエノンHDなど5社、今年これまでに30社を突破

【希望退職者募集】7月は「焼酎」のオエノンHDなど5社、今年これまでに30社を突破

2021/08/02

7月に希望退職者募集を発表した上場企業は、酒類大手のオエノンホールディングス、婦人靴のアマガサなど5社あった。2021年は7月末までの累計では31社を数える。前年同期を11社下回るが、コロナ前だった2019年の年間件数にほぼ並ぶ高水準。