タピオカドリンクのプレディクト、「第3の矢」がなく破産

alt

2度もヒットを飛ばしたものの、「終わり」はあっけなかった。若者からの絶大な人気を誇ったタピオカドリンク店運営のプレディクト(東京都港区)が11月21日、東京地裁から破産開始決定を受けたのだ。2004年に創業、祖業のプライベートジム運営から飲食店へ業種を転換。2017年11月に台湾のタピオカミルクティー専門店「Chatime」を東京・銀座でオープンし、若い女性客から高い支持を受けて「タピオカブーム」の牽引役となった。

タピオカ、プレッツェルとブームに乗ったプレディクト

東京商工リサーチによれば、一時は関東で10店舗以上を展開。2020年10月期には約3億4800万円の売上があったという。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で来店客が減少したのに加え、タピオカブームが終わり、2022年10月末までに全店舗を閉店していた。

実は同社の子会社に、米国発のプレッツェルチェーン店「アンティ・アンズ」を運営するプレッツェルジャパンがあった。「アンティ・アンズ」は2000年に横浜市に初出店したものの、まもなく撤退。2010年に「クリスピー・クリーム・ドーナツ」などの日本進出を実現した運営支援会社リヴァンプが出資して東京・池袋に「再上陸」した。

「アンティ・アンズ」は2015年3月末に100店舗体制を目指し、2014年には北海道から九州まで全国約30店舗を展開していたという。2015年12月まではリヴァンプ出身の小松俊介氏(現アルヒ執行役員兼アルヒRPAソリューションズ社長)が社長を務めていたが、その後はプレディクト社長の轉(うたた)充宏氏が社長を兼任した。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

食べるM&A 日本のドーナツ市場は“ドーナッ”てるの?

食べるM&A 日本のドーナツ市場は“ドーナッ”てるの?

2017-06-02

毎年6月の第一金曜日が「ドーナツの日」であることにちなみ、日本のドーナツ市場について調べてみました。ドーナツが日本に普及したころから今までシェアトップを誇るミスタードーナツ。このまま一人勝ちの独走状態を続けていけるのでしょうか。